北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

新たな交流生まれる場所に「イチカラ」 コミュニティースペース開設-厚真

テーブル席でゆったり過ごす子ども連れの来場者

 2018年9月に発生した胆振東部地震を受けて、厚真町の復興や未来について考える町内の若者有志でつくる「イチカラ実行委員会」が21日、同町京町の空き店舗を利用して「イチカラ」と名付けたコミュニティースペースをオープンさせた。オープンを待ちわびた地域住民をはじめ、多くの人が町内外から足を運び、町にできた新たな交流施設の開設を祝った。

 同実行委は震災をきっかけに町役場職員や漁業、林業などの仕事に就く30代の有志が集まり、「厚真の未来について、話し合う場所をつくろう」と構想を話し合い、昨年8月にプロジェクトを本格化。10年ほど前にシャッターを閉じた空き店舗を改修し、飲み物を提供するキッチンにカウンター、テーブルに計20席を整えた。インターネット環境を整備しており、改修費など約350万円をインターネットで資金調達するクラウドファンディング、事業者による寄付で集めた。

 イチカラは当初、3月8日のオープンを目指して準備を進めていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期になっていた。「イチ」にちなんでオープン初日の午前11時11分にシャッターを開け、来場者に開放した。公務員の森田綾さん(28)は「シャッターが閉まっていた場所に新しいお店が開き、こうして町民や町外から来た人が交わることのできるスペースになるのは素直にうれしい。まちなかが元気になって厚真の盛り上がりを感じる」と喜んだ。

 同実行委の澤口研太郎代表(32)は「ようやくスタートできたことをうれしく思うと同時に気を引き締めないといけない。1人でも2人でも来てくつろいでもらったり、新たなコミュニティーが生まれたら」と話していた。

 イチカラは午前9時から午後10時まで不定休で開放。すでに教室の貸し出しも行っている。イベントなどで利用する場合は有料で、事前の予約が必要。

関連記事

苫小牧民報

年内開催を見送り アイスホッケー・アジアリーグ

 アジアリーグアイスホッケー(小林澄生チェアマン)は8日、新型コロナウイルス感染拡大の情勢を考慮し今秋開幕を予定していた2020~21シーズンの年内開催を見送ると発表した。新たに来年1月以降の開...

苫小牧民報

苫東小と苫東中の新校舎完成 市内初の併設型、2学期から供用開始

 苫小牧東小学校(松橋忍校長、児童数192人)と苫小牧東中学校(五十嵐昭広校長、生徒数288人)の新校舎が、市内旭町の現東中の敷地内に完成した。共有スペースを設けた市内で初めての併設型校で、連携...

日高報知新聞

従来通りの競りで実施

 日高軽種馬農協は、8月24日から28日まで新ひだか町静内神森の北海道市場で開催するサラブレッド1歳馬競り市のセレクションセールとサマーセールについて、従来通りの競り方式で実施することを決めた。セリ会...

日高報知新聞

古里で次に向け調教へ【新ひだか】

【新ひだか】2020年牝馬クラシック2冠(桜花賞とオークス)を無敗で制したデアリングタクト(3歳)が、春のレースの疲れを癒しに新ひだか町に帰郷している。  同馬は日高町の長谷川牧場で2017年4...

名寄新聞

見た目と音色が好評・下川産材エレキギター誕生【下川】

 下川産低温乾燥広葉樹材を使ったエレキギターが、道内の職人によって完成。見た目も音色も魅力を感じる仕上がりに、小規模・多品目の低温乾燥材流通の可能性拡大へ期待が高まる。  町内を拠点とする、...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス