北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝ヨーグルトに新たな仲間 十勝ミルキーと北広牧場【十勝】

 フードバレー十勝推進協議会、明治、とかち財団の3者で取り組む「十勝ヨーグルトプロジェクト」に、十勝ミルキー(帯広市、加藤祐功社長)と北広牧場(新得町、若杉政敏社長)が参画した。十勝ミルキーはジャージー乳を使用した自社ブランド製品の一環として商品化、北広牧場は生乳の本来の風味が味わえる飲むヨーグルトを販売する。

ジャージー乳使用 安全・安心を徹底

ジャージー牛の生乳を使用したヨーグルトをPRする十勝ミルキーの加藤マネジャー

 十勝ミルキーの商品は「酪農王国十勝ジャージーヨーグルト」(280グラム、380円)。高田牧場(鹿追町)から仕入れる非遺伝子組み換え(NON-GMO)飼料で育てたジャージー牛の生乳を使用、HACCP認証を受けた自社工場で製造した。

 同生乳を使った製品を「ジャージーブラウン」として売り出しており、新商品もその一つ。加藤崇祐マネジャーは「安全・安心で良質なプレミアム生乳。ヨーグルトはコクとうまみがあり、滑らかに仕上げた」としている。

 グループ会社が運営する市内の「KEY’S CAFEジャージーブラウン帯広店」で販売、イオン北海道系列の店舗(一部除外あり)でも扱っている。

生乳本来の味で濃厚な口当たり

飲むヨーグルトをPRする北広牧場の(左から)林本さんと若杉さん

 北広牧場の商品は「ほっこうミルクの飲むヨーグルト」(200グラム、330円)。生乳本来のおいしさを引き出す乳酸菌の良さを生かし、濃厚な口当たりが特徴。7月1日から、藤丸、とかちむら(帯広競馬場内)、新得駅で販売する。

 林本健志食品加工・販売部長は「乳酸菌の培養から発酵まで初めての経験。試行錯誤しながら完成させた」と話す。ほのかなピンク色を基調としたパッケージで、若杉絵里子マネジャーは「若い世代や女性をターゲットに、子どもにも飲んでもらいたい」とPRしている。

 事務局の帯広市によると、他に管内の2事業者が参画を検討中。明治は乳酸菌の健康機能性も研究しており、プロジェクトでは商品開発から一歩進んだ取り組みを模索している。

<十勝ヨーグルトプロジェクト>
 十勝の牛乳の価値向上を目的にした、フードバレー十勝推進協議会と明治の包括連携協定に基づくプロジェクト。十勝の生乳由来の「十勝ミルク乳酸菌TM96」を使ったヨーグルトを地域の事業者が商品化する。第1弾として明治、あすなろファーミング(清水町)、十勝野フロマージュ(中札内村)が商品を発売した。

関連記事

室蘭民報

世界の味、テークアウトで 北斗文化学園調理学校の留学生【室蘭】

8~10日の3日間  世界各国の味を楽しんで-。北斗文化学園が運営する室蘭市山手町の北斗文化学園インターナショナル調理技術専門学校(澤田真奈美学校長)は8~10日の3日間、同校留学生が母国の味を...

十勝毎日新聞

ミルクバーアイス発売 よつ葉乳業【札幌】

 よつ葉乳業(札幌市)は3日、札幌市内で同社初のバータイプのアイスクリーム「よつ葉 至福のミルク」の発表会を行った。食感が異なる3層仕立てで高級感を演出。1日から発売している。  外側はパリ...

室蘭民報

大ぶりホッキ夏活気【登別】

 虎杖浜沖の夏のホッキ漁が1日解禁され、登別漁港(登別市登別港町)では2日、775キロが初水揚げされた。黒光りする大ぶりのホッキ貝がゴロゴロと揚がり、港を活気づけていた。  この日は早朝から漁船...

室蘭民報

名称、ロゴが商標登録 「えったま333」周知に力【伊逹】

振興会、特産品へ加速  伊達産の越冬タマネギのブランド化を目指す生産者グループ・伊達市えったま333(さんさんさん)振興会(堀篭司会長、8人)がPRに力を入れている。「えったま333」の名称と...

室蘭民報

「オウルズ」好評 カフェにリニューアルオープン【室蘭】

あんみつ、みつまめ自信作  室蘭市中島町のふれあいサロンほっとな~る内のチャレンジショップ「キッチン・オウルズ」が1日、「オウルズカフェ」としてリニューアルオープンした。室蘭では珍しいあんみつ、...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス