北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

83歳おかみ 矢野さん引退へ はげ天 長崎屋店が閉店【帯広】

28日で営業を終えるはげ天長崎屋店と矢野靖子さん

 帯広市の老舗料理店「はげ天」(矢野整社長)の長崎屋店(長崎屋帯広店4階)が、28日の営業を最後に閉店する。店を切り盛りしている先代社長夫人矢野靖子さん(83)の年齢的な理由。閉店を前に、店には「十勝を代表するおかみ」の引退に花を添えようと常連客が訪れている。

 はげ天は1934年に創業。現在は帯広市内で本店など4店と札幌で1店を展開している。長崎屋店は1990年の長崎屋オープン時に開店。2代目社長・故治夫さんの妻の靖子さんが代表となり、独立採算制で営んできたが、30日にテナント契約の満了を迎えることから、更新せずに店を閉めることにした。

 「十勝を代表するおかみ」。靖子さんは、常連客から親しみを込めてそう呼ばれた。天丼や豚丼のたれ作りは、本店から受け継いだレシピで自ら担当。調理法は同じでも、あえて長崎屋店に通う客もいた。

 観光客が多い本店に対し、来店客の約8割は地元客。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3、4月は売り上げが半分ほどに落ち込んだが、緊急事態宣言解除後の回復は早かったという。

 靖子さんは「お客さまは家族のような存在。長く営業できたことに感謝している。引退後は趣味のお茶や日本画をして過ごしたい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

ジンギスカンのパッケージデザイン考案中、クリラボと苫総経マーケティング部

苫小牧市のまちづくり会社とまこまいクリエイティブラボ(クリラボ)と苫小牧総合経済高校マーケティング部が、食品加工・製造を手掛けるエフジーエース(光洋町)の看板商品「味付けジンギスカン」のパッケージ...

苫小牧民報

夏の日差しに負けず タルマイソウ涼しげな花

樽前山(1041メートル)の登山道脇で、高山植物タルマイソウ(標準和名イワブクロ)が真夏の日差しにあらがうように、涼しげな薄紫色の花を咲かせている。  タルマイソウは7合目からの一般的な登山道...

日高報知新聞

競走馬の育成を見学【新ひだか】

【新ひだか】競走馬の育成をしている静内真歌のビッグレッドファーム真歌で20日、軽種馬育成調教センター(BTC)の39期生の研修が行われた。  同ファームは、全長1500㍍の屋根付き坂路やウォーキング...

日高報知新聞

ダム見学や魚釣り【浦河】

 浦河町子ども会育成団体連絡協議会=浦子連=(飯田美和子会長)と町教委主催の自然体験事業「アドベンチャーinうらら湖」が25日、浦河ダムのうらら湖畔で行われ、子どもたちがダム内部の見学と湖畔の魚釣り...

十勝毎日新聞

芽室の山本君「歌い切った」 民謡日本一【東京】

 小中学生が民謡民舞の腕前を競う「2021年度 民謡民舞少年少女全国大会 民謡日本一決定戦」(日本民謡協会主催)が4日、東京都内で開かれ、山本樹君(12)=芽室上美生小6年=が小学校4・5・6年の...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス