北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

林野火災を想定、初の空中消火訓練 苫小牧市消防本部と道防災航空隊

防災ヘリが空中で停止飛行する中、バケットへ給水作業を行う市消防本部隊員

 苫小牧市消防本部は24日、大規模な林野火災を想定した道防災航空隊との合同訓練を苫小牧市内で実施した。道の消防防災ヘリ「はまなす2号」を使って約2時間、汐見町のケーソンヤードと、隣接する海岸などで空中散水消火訓練や消防隊員による給水訓練を行った。

 市消防本部によると、合同訓練は今回で12回目。これまでは樽前山で登山者救助を想定した内容が多かったが、昨年5月にオホーツク管内雄武町で約200ヘクタールを焼失する大規模林野火災が起きたことから、初めて空中消火を想定した形で行われた。

 この日の合同訓練には、市消防本部隊員20人を含む計25人が参加。現場ではヘリがバケットをつり下げた状態で停止飛行する中、地上で消防隊員らが消防車のホースを使ってバケット内に約400リットルを給水。作業を終えると機体はそのまま近くの海上に移動し、火災現場に見立てた海面に散水した。この作業は3度繰り返して行われ、消防隊員らが反復訓練で習熟度を高めた。

 市消防本部警防課主査の山崎仁彰さんは、雄武町で昨年発生した林野火災に触れながら「森林地帯が多い苫小牧でも大規模な林野火災が起きる可能性はある。訓練をすることで緊急時に備えたい」と話した。

 道の消防防災ヘリ「はまなす2号」は札幌市内の丘珠空港に配備されており、緊急出動時は30分以内で苫小牧に到着できる。道防災航空室によると昨年1年間の緊急出動は108回で、このうち林野火災対応は11回。苫小牧市に関係するものでは転院搬送などで5回出動している。

関連記事

苫小牧民報

年内開催を見送り アイスホッケー・アジアリーグ

 アジアリーグアイスホッケー(小林澄生チェアマン)は8日、新型コロナウイルス感染拡大の情勢を考慮し今秋開幕を予定していた2020~21シーズンの年内開催を見送ると発表した。新たに来年1月以降の開...

苫小牧民報

苫東小と苫東中の新校舎完成 市内初の併設型、2学期から供用開始

 苫小牧東小学校(松橋忍校長、児童数192人)と苫小牧東中学校(五十嵐昭広校長、生徒数288人)の新校舎が、市内旭町の現東中の敷地内に完成した。共有スペースを設けた市内で初めての併設型校で、連携...

日高報知新聞

従来通りの競りで実施

 日高軽種馬農協は、8月24日から28日まで新ひだか町静内神森の北海道市場で開催するサラブレッド1歳馬競り市のセレクションセールとサマーセールについて、従来通りの競り方式で実施することを決めた。セリ会...

日高報知新聞

古里で次に向け調教へ【新ひだか】

【新ひだか】2020年牝馬クラシック2冠(桜花賞とオークス)を無敗で制したデアリングタクト(3歳)が、春のレースの疲れを癒しに新ひだか町に帰郷している。  同馬は日高町の長谷川牧場で2017年4...

名寄新聞

見た目と音色が好評・下川産材エレキギター誕生【下川】

 下川産低温乾燥広葉樹材を使ったエレキギターが、道内の職人によって完成。見た目も音色も魅力を感じる仕上がりに、小規模・多品目の低温乾燥材流通の可能性拡大へ期待が高まる。  町内を拠点とする、...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス