北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

帆立オイル漬け 北海スキャロップが開発・販売【豊浦】

礼文華で水揚げされたホタテをオリーブオイルで漬けた「帆立オイル漬け」

地元特産品を新商品に 「金色」「琥珀」2種類の風味

 水産加工業の北海スキャロップ(豊浦町礼文華、外山明社長)は、町内礼文華で水揚げされたホタテをオリーブオイルで漬けた新商品「帆立オイル漬け」を開発し、販売している。ガーリック風味の「金色(こんじき)」とピリ辛薫製風味の「琥珀(こはく)」の2種類。パッケージには地元のアイヌ文様を取り入れ、高級感と和をイメージした。

 北海道科学技術総合振興センター(略称・ノーステック財団)の「地域産業クラスターものづくり支援事業」として、2019年春から1年ほどかけて、町の特産品のホタテを使った新たな加工品を開発した。町内の飲食店や印刷会社、農園、行政などがレシピやパッケージの考案、オリーブオイルの扱い方の指導などで協力した。

 製品には、2年ほど成長したホタテの貝柱など食用部分をボイルして丸ごと使い、他社製品と差別化を図った。「金色」はアンチョビペーストでホタテをソテーし、ガーリックで味と色を付けたオリーブオイルで漬けた。「琥珀」はホタテを薫製たれに漬け込み、オリーブオイルに唐辛子を入れて、色と辛みを加えた。

 小豆島産のオリーブオイルを採用。「将来的には豊浦町のオリーブからできたオリーブオイルを使いたい」(同社の板垣睦美代表補佐)という。

 ラベルやふたには、地元礼文華のアイヌ文様が描かれ、7月に白老町でオープン予定の民族共生象徴空間(ウポポイ)の応援シールを貼り付けた。

 板垣代表補佐は「そのままお酒のつまみで食べるとおいしいです。『琥珀』はしょうゆを少しかけるとサラダのドレッシングにも合いますよ。パスタに使う人も多いみたいです」と勧める。

 1個150グラム入りで価格は1500円(税込み)。道の駅とようら、新千歳空港で販売している。

 問い合わせは同社、電話0142・85局7500番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

動物モチーフの飲食登場 帯商と園連携【帯広】

 おびひろ動物園周辺の17店が30日から期間限定で、同動物園のアメリカバイソンなどの動物たちをモチーフにしたスイーツや料理を提供する。帯広商工会議所が主催し、初めて実施する。「動物園と店を行き来し...

十勝毎日新聞

「ジュエリーアイスそば」登場【豊頃】

 豊頃町茂岩のそば店「そば処ホタル」で、町大津海岸に真冬に打ち上がる氷塊にちなんだ盛りそばが提供されている。その名も「ジュエリーアイスそば」=写真。  同店は国道38号沿いにある「とよころ物産...

名寄新聞

彫り込みを忠実に再現・「木彫り熊もなか」発売【名寄】

 名寄市西13南5(豊栄通り沿い)の「カントリーマム」(店主・滝沢美也子さん)は、名寄産もち粉と道産小豆を使った「木彫り熊もなか」を発売。彫り込みの模様が忠実に再現されており、「木彫りの感じをう...

十勝毎日新聞

自社生産の生乳でジェラート専門店 31日オープン ノベルズ【帯広】

 畜産大手・ノベルズグループ(本社上士幌町)は31日、自社牧場の生乳を使った直営のジェラート専門店を帯広市内に開く。肉牛のブランド化などはこれまでも進めてきたが、乳製品の加工販売は初。事業統括の延...

十勝毎日新聞

「十勝若牛」ジンギスカンに JA木野「ハピオ」とJA十勝清水町がタッグ【..

 JA木野(清都善章組合長)の子会社のスーパー・ハピオ(音更町)とJA十勝清水町(氷見隆雄組合長)などは20日、新商品「十勝若牛ジンギスカン」を発表した。羊肉の代わりに牛肉を使用した珍しいジンギス...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス