北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

新たな原油生産開始 初の追加開発、生産量2.5倍に-勇払油ガス田

沼ノ端に整備された原油処理設備=石油資源開発提供

 石油資源開発(本社東京、藤田昌宏社長)は26日、苫小牧市沼ノ端の勇払油ガス田で原油の商業生産を始めた。1996年に天然ガス、原油の商業生産を始めて以降、油ガス田を追加開発して新たな生産に入るのは初となる。初期生産量は日産約200キロリットル。同社は「データ解析などによる埋蔵量評価を継続し、さらなる追加開発の可能性も追求していく」としている。

 2017年7月から総事業費約27億円を掛け、沼ノ端の北海道事業所敷地内にある既存の井戸、坑井(こうせい)を改修し、生産設備や処理施設などを整備。沼ノ端などの地下約1400メートルの地層「滝ノ上層」から粘性の高い重質油を採掘し、パイプラインで流すため加温処理し、供給する。販売先は非公表だが、今年度は年産5万キロリットル、来年度以降は年産7万~8万キロリットルを計画している。

 勇払油ガス田は、1989年に発見され、96年に生産を始めた。苫小牧市の東部から石狩平野部に広がり、従来は地下3840~4850メートルの深い地層から産出。エネルギーの安定供給と新たな可能性の把握を目的に、2013年に浅い地層で産出テストを行い、重質油の埋蔵を確認していた。採算性などを踏まえて商業生産が可能と判断した。

 天然ガス採掘の遊休プラントを、原油の採掘用に転用するなどして総事業費を削減。同社は原油の生産設備を新設する場合には100億円規模の投資が必要とみていたが、遊休設備の転用などで「開発費を抑制し、経済性確保の見通しが立ったことで、商業生産を始められた」と説明する。

 18年度実績で原油は年産5万キロリットル。新たな地層でフル生産されれば、全体の生産量は2・5倍程度になる見通しだ。

 新たな地層の原油埋蔵量は非公表だが、同社は「7年間程度は生産できる」と指摘。「安定的に供給できるか見極めた上、追加開発の可能性も追求していく。今後も原油、天然ガス資源の価値最大化を推進する」と話している。

関連記事

苫小牧民報

年内開催を見送り アイスホッケー・アジアリーグ

 アジアリーグアイスホッケー(小林澄生チェアマン)は8日、新型コロナウイルス感染拡大の情勢を考慮し今秋開幕を予定していた2020~21シーズンの年内開催を見送ると発表した。新たに来年1月以降の開...

苫小牧民報

苫東小と苫東中の新校舎完成 市内初の併設型、2学期から供用開始

 苫小牧東小学校(松橋忍校長、児童数192人)と苫小牧東中学校(五十嵐昭広校長、生徒数288人)の新校舎が、市内旭町の現東中の敷地内に完成した。共有スペースを設けた市内で初めての併設型校で、連携...

日高報知新聞

従来通りの競りで実施

 日高軽種馬農協は、8月24日から28日まで新ひだか町静内神森の北海道市場で開催するサラブレッド1歳馬競り市のセレクションセールとサマーセールについて、従来通りの競り方式で実施することを決めた。セリ会...

日高報知新聞

古里で次に向け調教へ【新ひだか】

【新ひだか】2020年牝馬クラシック2冠(桜花賞とオークス)を無敗で制したデアリングタクト(3歳)が、春のレースの疲れを癒しに新ひだか町に帰郷している。  同馬は日高町の長谷川牧場で2017年4...

名寄新聞

見た目と音色が好評・下川産材エレキギター誕生【下川】

 下川産低温乾燥広葉樹材を使ったエレキギターが、道内の職人によって完成。見た目も音色も魅力を感じる仕上がりに、小規模・多品目の低温乾燥材流通の可能性拡大へ期待が高まる。  町内を拠点とする、...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス