北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

アイヌ民族伝統のオオウバユリで保存食作り 球根からでんぷん採取-白老

小学生もオオウバユリの球根の採取を体験

 白老町の一般社団法人白老モシリは27日、アイヌ民族が食材に利用したオオウバユリの採取や伝統の保存食を作る体験行事を町内で開いた。同法人がイオル(伝統的生活空間)体験交流事業として企画。町内の小学生を含めて10人が参加した。

 オオウバユリはユリ科の多年草。アイヌ民族はその球根(トゥレプ)からでんぷんを取り、フキやイタドリの葉に包んで蒸し焼きにして食べたり、発酵、乾燥させてオントゥレプアカムと呼んだ保存食にした。

 参加者はまず、同町北吉原地区のオオウバユリ群生地で白老モシリ会員の野本紀一さんの指導を受けながら、伝統の堀り具トゥレプタニを使って球根を採取。大人の拳ほどの大きな球根もあり、作業に取り組んだ小学生は「一生懸命に茎を引っ張ってようやく抜けた」と話した。

保存食のオントゥレプアカムを作る参加者たち

 その後、参加者は同町末広のしらおいイオル事務所チキサニへ移動。白老モシリ会員の清水綾子さんの助言で、採った球根を臼ときねですりつぶし、ざるやさらし布でこして、でんぷんを取る作業に臨んだ。また、すりつぶした後にざるに残ったものを円盤状に固めてオオイタドリの葉に包み、保存食を作る手順も学んだ。参加者は保存食を自宅に持ち帰り、天日干しで乾燥、発酵させて食べる。

 参加した女性は「オオウバユリからでんぷんを取るというアイヌ民族の知恵に感心した」と話し、一連の作業を楽しんだ。

関連記事

苫小牧民報

年内開催を見送り アイスホッケー・アジアリーグ

 アジアリーグアイスホッケー(小林澄生チェアマン)は8日、新型コロナウイルス感染拡大の情勢を考慮し今秋開幕を予定していた2020~21シーズンの年内開催を見送ると発表した。新たに来年1月以降の開...

苫小牧民報

苫東小と苫東中の新校舎完成 市内初の併設型、2学期から供用開始

 苫小牧東小学校(松橋忍校長、児童数192人)と苫小牧東中学校(五十嵐昭広校長、生徒数288人)の新校舎が、市内旭町の現東中の敷地内に完成した。共有スペースを設けた市内で初めての併設型校で、連携...

日高報知新聞

従来通りの競りで実施

 日高軽種馬農協は、8月24日から28日まで新ひだか町静内神森の北海道市場で開催するサラブレッド1歳馬競り市のセレクションセールとサマーセールについて、従来通りの競り方式で実施することを決めた。セリ会...

日高報知新聞

古里で次に向け調教へ【新ひだか】

【新ひだか】2020年牝馬クラシック2冠(桜花賞とオークス)を無敗で制したデアリングタクト(3歳)が、春のレースの疲れを癒しに新ひだか町に帰郷している。  同馬は日高町の長谷川牧場で2017年4...

名寄新聞

見た目と音色が好評・下川産材エレキギター誕生【下川】

 下川産低温乾燥広葉樹材を使ったエレキギターが、道内の職人によって完成。見た目も音色も魅力を感じる仕上がりに、小規模・多品目の低温乾燥材流通の可能性拡大へ期待が高まる。  町内を拠点とする、...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス