北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

函館市内を移動? 亀田川でオオハクチョウ【函館】

亀田川でカモメなどが飛び交う中1羽だけ見られるオオハクチョウ(右)

 函館市を流れる亀田川で、河口から約1・5キロの範囲でオオハクチョウの姿が見られている。カモやカモメが川を飛び交う中、1羽だけがぽつんとたたずんでいる。

 市内大縄町に住む女性は、中島廉売へ買い物に行く時に渡る橋の上で、約2週間前に白い大きな鳥に気付いたという。「サギかと思ったが、同じく見掛けた人がハクチョウだと言って驚いた。生息地に帰る時に仲間とはぐれたのか、さらに居る時と居ない時があり心配」と話す。

 北海道鳥獣保護監視員の小松俊男さん(69)はこのオオハクチョウについて、右側の羽に傷があることで「今年の春から住吉漁港周辺にいるものと同じと思われる」と話す。本州からシベリアへ帰る際に傷を負ったのか、同漁港でも同じようなハクチョウが確認されており「短い距離は飛べるので、移動したのではないか」とみている。

 なぜ亀田川に来たのかは分からないが、横には捨てられた携帯オーディオ機器も見られ、環境や自然、動物保護の大切さを知らしめている。

関連記事

名寄新聞

見た目と音色が好評・下川産材エレキギター誕生【下川】

 下川産低温乾燥広葉樹材を使ったエレキギターが、道内の職人によって完成。見た目も音色も魅力を感じる仕上がりに、小規模・多品目の低温乾燥材流通の可能性拡大へ期待が高まる。  町内を拠点とする、...

十勝毎日新聞

ナウマンゾウ化石 足跡さらに発見を 現地事前調査【幕別】

 幕別・忠類ナウマンゾウの発掘跡地で、今秋も実施される足跡化石発掘調査の打ち合わせが7日、現地で行われた。関係者が調査区域などを確認し、調査は10月19~22日、同26~28日の2回に分けて行うこ...

十勝毎日新聞

コロナ吹き飛ばせ 藤商会うちわ展示【帯広】

 初夏を迎え、うちわ販売を請け負う「藤商会」(帯広市西10南12、藤川俊夫社長)で毎年恒例のうちわの展示が行われている。今年は新型コロナウイルスの影響でイベントの自粛が相次ぎ、注文に影響が出てい...

十勝毎日新聞

新「道の駅」着工 22年春開業【音更】

 道東自動車道・音更帯広インターチェンジ(IC)の南側で予定している、新たな道の駅を含むエリア整備の地鎮祭が9日午前10時、町下音更北9線の敷地で行われた。2022年春の開業を予定している。 ...

釧路新聞

「釧路の元気」PJ、夏彩る6事業決まる【釧路】

   新型コロナウイルス感染防止のため中止となったものに代わるイベントの創出をと釧路市が創設した「釧路の元気」プロジェクト(PJ)支援交付金事業の採択事業が8日発表され、応募のあった20事業のうち...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス