北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

ドライブインシアター構想浮上 時代村での開催を計画【登別】

登別伊達時代村駐車場で現地調査する関係者

「3密なし」市民有志が構想

 新型コロナウイルスの感染リスクなどに気兼ねせず、車に乗ったまま映画が楽しめるドライブインシアター構想が、登別市内で浮上している。市内で例年行われている大規模なイベントが中止となる中、子どもたちに笑顔を届けよう-と市民有志が立案。1日に実行委員会が立ち上がり、夏休み期間中の8月に登別伊達時代村駐車場(中登別町)での開催を計画している。

 ドライブインシアターは車に乗ったまま映画を楽しめるため、3密を回避できることから国内外で取り組みが進んでいる。道内ではまちづくり団体「あしたのしあたあ」が展開。すでに旭川や江別で開催されている。

 登別市内では、新型コロナによる臨時休校で、夏休みが例年より短縮される。市内のイベントもほとんどが中止となり、子どもたちと家族が共に笑顔で過ごす時間を提供したいと、市民有志が企画。実行委員会を立ち上げ、「あしたのしあたあ」の協力を得て市内で開催する運びだ。

 日程は8月上旬で調整している。上映する映画は今後詰める。

 市内の小中学校などに通う子どもがいる世帯を対象とする。

 市民有志は1日、登別伊達時代村駐車場に集合し現地調査を実施。事務所内に移り、実行委員会を正式に立ち上げた。

 発起人の一人で実行委員長に就いた勝間広靖さんは、「ドライブインシアターは、自分たちだけの映画館をつくろうという取り組み。家族のだんらんや大切さを再認識する機会にしたい。登別の子どもたちの笑顔を思い浮かべながら、何とか成功させたい」と語った。「あしたのしあたあ」の林匡宏さんは「映画の上映だけではなく、登別ならではの工夫も凝らしたい」と述べた。

関連記事

室蘭民報

1日市制施行50周年 記念事業次々開催 ビースマイルCF開始【登別】

親子ドライブインシアター/市内の学校で鬼花火予定  登別市はきょう1日、市制施行50周年を迎える。予定していた式典や事業は、新型コロナウイルス感染症で延期や中止となったが、代替事業として未来の...

室蘭民報

需要減の道産花PR、胆振総合振興局 アレンジメント展始まる【室蘭】

 北海道産の花を使用したフラワーアレンジメントの展示会(主催・北海道花き振興協議会、道)が、胆振総合振興局1階ロビー(室蘭市海岸町、むろらん広域センタービル)で28日から始まった。新型コロナウイ...

室蘭民報

7月豪雨被災地、支援しよう あす31日、チャリティービール祭り【登別】

 登別中央飲食店組合、登別中央商店会主催の第5回チャリティービール祭りが30、31の両日、登別市中央町のらいば公園を会場に行われる。7月の豪雨で甚大な被害を受けた熊本県などを支援。新型コロナウイ...

室蘭民報

だんパラで9月にキャンプイベント 体験教室、飲食提供も【室蘭】

コロナ時代見据え初試み  室蘭のだんパラ公園(神代町)で今秋、キャンプと体験型コンテンツを楽しむ1泊2日のイベントが初開催される。市と市民有志による実行委主催、登山用品の秀岳荘(札幌)などが協力...

十勝毎日新聞

フードバレー「オンライン」マラソン 参加無料【帯広】

 新型コロナウイルスの影響で今年は中止となった「フードバレーとかちマラソン」の実行委員会(火ノ川好信実行委員長)は、代替大会となるスマートフォン(スマホ)アプリを活用したオンラインマラソンについ...