北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

未利用魚、捨てるなんてもったいない 子ども食堂に無償提供へ-苫小牧漁協

無償提供するスナガレイ。20センチ級を冷凍保存している

 苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は今月、地元で水揚げされた魚を苫小牧市内の子ども食堂に、無償提供するプロジェクトをスタートさせる。市場に流通せずに捨てられる「未利用魚」を有効活用する。年間800キロ程度を提供する方針で、カレイを中心に新鮮な魚を急冷して確保。子どもたちの魚離れが指摘される中、食育や地産地消につなげたい考えで、同漁協は「子ども向けの出前講座なども企画していけたら」と意気込んでいる。

 同漁協によると、5月のカレイ刺し網漁で混獲されたスナガレイ、カジカ、カスベを8キロずつ箱詰め。氷点下30度で急冷保存している。提供を希望する子ども食堂に「子ども食堂プロジェクトカード」を配り、食堂側が希望する日にカードをその都度提示し、漁協の冷凍庫から魚を引き取ってもらう仕組みにした。

 未利用魚は主に刺し網漁の混獲魚で、市場に出しても値段が付かず漁業者が処分してきた。見た目のグロテスクさで敬遠されたり、魚体が小さくて流通できなかったりと、値段が付かない理由はさまざまだが、せっかく取った魚が一部無駄になっていた。

 同漁協は販売ルートの開拓も検討したが、「骨がある状態では取引できない」などと断られるケースが多かった。

 子ども食堂への無償提供は資源の有効活用に加え、地域で「魚食」を普及する狙いもある。同漁協総務部長の赤澤一貴さん(38)は「近年は市内でも魚食離れが進み、そのままの魚を見たことがない子どももいる」と指摘。「食べてもらえれば前浜の魚のおいしさを知ってもらえる。『捨てるなんてもったいない』と思ってくれたら」と期待する。

 漁協の女性部、青年部の協力で、子ども食堂開催時の出前講座や料理教室も検討中。「新型コロナウイルスの状況も踏まえながらタイミングを判断したい」としている。

 無償提供は4日、市内音羽町で子ども食堂を実施しているNPO法人「木と風の香り」(辻川恵美代表理事)への8キロ引き渡しが最初。同法人は5日以降に海鮮カレーやフライでの提供を考えており、辻川代表理事(39)は「苫小牧は港まちなので、定番メニューにしていきたい。子どもたちが魚の生態などを学んで、身近に感じる機会も持てれば」と話している。

関連記事

根室新聞

一日も早い北方領土返還を―市民大会開く【根室】

 北方領土の一日も早い返還を願う北方領土返還要求根室市民大会(大会長・石垣雅敏市長、実行委員長・長谷川俊輔根室市北方領土返還要求推進協議会長)が2日、道立北方四島交流センター「ニ・ホ・ロ」横の...

根室新聞

かに祭りの雰囲気ウェブで―市観光協会が特設サイト開設【根室】

 根室市観光協会(岡野将光会長)は1日、新型コロナウイルス感染防止対策のため今年の開催を中止した根室かに祭りの雰囲気を楽しんでもらおうと、特設サイト「web de 根室かに祭り」=写真=を開設...

根室新聞

地球探索鉄道 花咲線ラッピングバス、タクシー発車【根室】

 根室市にJR北海道が共催し、根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会が後援するJR花咲線存続に向けたブランド再構築事業「2020年夏季プロモーション」が1日から始った。関係団体などと連携した取り...

室蘭民報

本田さん輝くゴールド ジュニアマイスター顕彰制度【室蘭】

国家資格・検定、数々取得 髙橋さん、千葉さんも危険物乙種全6種  室蘭工業高校電子機械科3年の本田桜太さん(17)が、全国の工業高校の生徒が、資格・検定の合格を通して身に付けた知識・技術・技能を...

室蘭民報

「農福連携」へ準備着々 利用者、仕事持ち帰り作業【伊達】

矢野農園と太陽の園  伊達市西関内の矢野農園と、同市幌美内町の北海道社会福祉事業団「太陽の園」が、農業と障害者福祉が結びつく「農福連携」の実施に向けて準備を進めている。「でめんさん」のように利用...