北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

来場者100万人達成 道の駅「あびらD51ステーション」-安平

開業から1年2カ月で達成した100万人目の来場者に記念品を贈呈する及川町長(右)=3日午前10時40分ごろ

 安平町追分に昨年4月、開業した道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が3日午前、来場者数100万人に到達した。2018年9月に発生した胆振東部地震からの「復興のシンボル」として誕生した施設は、町民の生活に必需な場としてだけではなく、鉄道資料館を併設する道の駅としても全国から注目され、幅広い年齢層を集客。コロナ禍の影響もある中、開業からわずか約1年2カ月での大台達成となった。

 100万人目の来場者となったのは札幌市の主婦、寺地厚子さん(65)と友人。関係者から拍手で迎えられ、及川秀一郎町長から記念品としてアサヒメロンや早来そば、トマトジュースなど特産品セットを受け取った。

 寺地さんは「一度見てみたいと思って来たので、びっくりしました。来年は公園もできるので、孫を連れて来てもいいのでは」と笑顔を見せた。

 D51ステーションは、震災復興の象徴的な施設として昨年4月19日にオープン。新千歳空港からのアクセスが良好で札幌圏に近いこともあり、多くの観光客でにぎわっている。開業から3カ月ほどで当初の年間目標だった32万人を突破。その後も震災復興や鉄道関連のイベントなど多彩な催し会場として定着し、一般客だけではなく全国の鉄道ファンも呼び込んで、開業初年度の今年3月末時点で87万人を超えていた。

 来場者100万人を達成したことについて、及川町長は「最初の目標が年間32万人で3年かかると思っていたが、1年2カ月で達成できてうれしい」と喜ぶ。「おごることなく、新しい商品開発も進めながら魅力ある道の駅にしていきたい。200万人に向けて新たなスタートを切る」と今後の意欲をうかがわせた。

 D51ステーションでは4~19日の期間中、100万人達成を祝ってテークアウトやベーカリーコーナーで新メニューを提供、特産品販売コーナーでは2000円以上の買い物をした先着510人に「D51ガラナ」をプレゼントするなど記念セールを行う。

関連記事

根室新聞

一日も早い北方領土返還を―市民大会開く【根室】

 北方領土の一日も早い返還を願う北方領土返還要求根室市民大会(大会長・石垣雅敏市長、実行委員長・長谷川俊輔根室市北方領土返還要求推進協議会長)が2日、道立北方四島交流センター「ニ・ホ・ロ」横の...

根室新聞

かに祭りの雰囲気ウェブで―市観光協会が特設サイト開設【根室】

 根室市観光協会(岡野将光会長)は1日、新型コロナウイルス感染防止対策のため今年の開催を中止した根室かに祭りの雰囲気を楽しんでもらおうと、特設サイト「web de 根室かに祭り」=写真=を開設...

根室新聞

地球探索鉄道 花咲線ラッピングバス、タクシー発車【根室】

 根室市にJR北海道が共催し、根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会が後援するJR花咲線存続に向けたブランド再構築事業「2020年夏季プロモーション」が1日から始った。関係団体などと連携した取り...

室蘭民報

本田さん輝くゴールド ジュニアマイスター顕彰制度【室蘭】

国家資格・検定、数々取得 髙橋さん、千葉さんも危険物乙種全6種  室蘭工業高校電子機械科3年の本田桜太さん(17)が、全国の工業高校の生徒が、資格・検定の合格を通して身に付けた知識・技術・技能を...

室蘭民報

「農福連携」へ準備着々 利用者、仕事持ち帰り作業【伊達】

矢野農園と太陽の園  伊達市西関内の矢野農園と、同市幌美内町の北海道社会福祉事業団「太陽の園」が、農業と障害者福祉が結びつく「農福連携」の実施に向けて準備を進めている。「でめんさん」のように利用...