北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

頭に容器の保護犬 名前は「とかち」 札幌の宮西さんが飼い主に【帯広】

 頭にプラスチック容器がはまった状態で歩いている姿からSNS(インターネット交流サイト)上で話題となり、6月下旬に帯広市内で保護された犬は、5日までに飼い主が決まり、札幌市で新しい暮らしを始めた。飼い主に名乗り出たのは、道内各地の迷子犬などを引き取って育てる宮西雅子さん(札幌)。帯広保健所の犬舎でおびえた様子を見せていた犬に、「とかち」と名前を付けた。

宮西さん(左)と共に札幌へ出発する「とかち」(帯広保健所で)

 頭にプラ容器がはまった犬が、帯広市昭和町で目撃されたのは6月22日。住民が「助けてあげたい」とSNSに写真を投稿すると、全国に情報が拡散。市内有志や市都市環境部環境室の職員ら10人が捜索に参加し、同26日に無事保護した。

 犬を捕まえ、容器を外してあげたのは市内の三谷匡勝さん(56)。本州の保護団体から連絡を受けた宮西さんが、三谷さんに保護を依頼。理容師の三谷さんは仕事の合間を縫って大正地区に通った。

 発見当初の「とかち」は飲み食いができず、元気のない様子だったが、人が近づく気配がすると畑に入ってしまい、なかなか助けられなかった。1週間もすれば、命が危ないと聞かされていた三谷さん。弱りかけた「とかち」が26日に迷い込んだ以平町の防風林は私有地だったが、「自分が助けなければ」と思い切って近づき、抱き上げた。

 帯広保健所の獣医師花房裕輔さんによると、性別は雄で、年齢は推定で5~6歳。目立った病気やけがはなかった。茶色い首輪が付いていたが、元の飼い主は見つからなかった。

 新しい里親の募集が始まった3日、宮西さんは三谷さんと共に同保健所に駆けつけた。札幌で犬の介護施設「逢犬はうす」を運営する宮西さんは「安心できる場所に帰るんだよ」と語りかけ、新しいリードと首輪を付けた。

 「今、8~9頭の世話をしているが、どの子もわが子のようにかわいい。十勝の人たちに、優しい瞳を取り戻した『とかち』を見せたい」と宮西さん。温かい手に抱かれた「とかち」は同日、新しい生活の場所へと出発した。

「犬もごみも捨てるの人」
 決して美談ではない-。全国の人がSNSでつながり、1匹の犬を救った今回の保護劇。表面だけなぞればSNS時代の心温まる話だが、「とかち」を近くで見守った人たちは口々に複雑な胸中を語った。

 助けた三谷さんと、引き取った宮西さんは「犬を捨てるのも人間、ごみを捨てるのも人間。みんなで助けようと声を上げるのも人間」と悲しげに笑った。SNSには、プラ容器がはまった「とかち」を「間抜け」とあざ笑う書き込みもあった。

 帯広保健所で飼い主が現れるのを待った花房さんは「今回はたまたまSNSで話題になったから命は救われた。見えない所では、もっとひどい目にあっている犬はたくさんいる」と厳しい表情を見せる。

 獣医師の花房さんは、飼い主が現れず、殺処分となる犬を自ら手にかけたことがある。苦しまないよう麻酔をかけ、筋弛緩剤を打って処置を施すそうだ。

 花房さんは「そんなことを回避するためにも、ペットは責任を持って飼わなければならない。犬を飼うときはしっかり鑑札登録をして、万一、いなくなっても決して捜すことを諦めないでほしい」と訴えた。

関連記事

根室新聞

一日も早い北方領土返還を―市民大会開く【根室】

 北方領土の一日も早い返還を願う北方領土返還要求根室市民大会(大会長・石垣雅敏市長、実行委員長・長谷川俊輔根室市北方領土返還要求推進協議会長)が2日、道立北方四島交流センター「ニ・ホ・ロ」横の...

根室新聞

かに祭りの雰囲気ウェブで―市観光協会が特設サイト開設【根室】

 根室市観光協会(岡野将光会長)は1日、新型コロナウイルス感染防止対策のため今年の開催を中止した根室かに祭りの雰囲気を楽しんでもらおうと、特設サイト「web de 根室かに祭り」=写真=を開設...

根室新聞

地球探索鉄道 花咲線ラッピングバス、タクシー発車【根室】

 根室市にJR北海道が共催し、根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会が後援するJR花咲線存続に向けたブランド再構築事業「2020年夏季プロモーション」が1日から始った。関係団体などと連携した取り...

室蘭民報

本田さん輝くゴールド ジュニアマイスター顕彰制度【室蘭】

国家資格・検定、数々取得 髙橋さん、千葉さんも危険物乙種全6種  室蘭工業高校電子機械科3年の本田桜太さん(17)が、全国の工業高校の生徒が、資格・検定の合格を通して身に付けた知識・技術・技能を...

室蘭民報

「農福連携」へ準備着々 利用者、仕事持ち帰り作業【伊達】

矢野農園と太陽の園  伊達市西関内の矢野農園と、同市幌美内町の北海道社会福祉事業団「太陽の園」が、農業と障害者福祉が結びつく「農福連携」の実施に向けて準備を進めている。「でめんさん」のように利用...