北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

ジャズ喫茶 幸町に開店【釧路】

 

ジャズサウンドが流れる店内でこだわりのコーヒーをいれる神村さん

 釧路ジャズクラブ代表で今春に釧路市役所を定年退職した神村恭一さん(60)がジャズ喫茶「Cat」を釧路市幸町6の1、幸町ビル2階にオープンした。店内には釧路のジャズ喫茶を代表する存在だった小林東さん(2017年死去)が経営していた「ジス・イズ」で使われていたグランドピアノを設置。多くの仲間たちの応援を受けながら念願の開店にこぎ着けた。

 Catは6月27日にオープン。「ジス・イズ」を継承した店舗で、神村さんのプロデュースによるラストライブが行われたのは2015年7月3日。その記念日までに自分の店を持ちたいという願いをかなえた。

 店名は猫好きな神村さんの思いを込めた。約100平方㍍の店内はライブもできるゆったりスペース。自然素材のぬくもりを感じさせるカウンターの銘木は高校時代からの友人から贈られた。内装も市内の工務店の協力で短期間で仕上がった。レコードとCDは約500枚が並ぶ。

 大きなスピーカーの奥に置かれた存在感のあるグランドピアノは「ジス・イズ」で使われ、山下洋輔さんをはじめ日本を代表する名プレーヤーが鍵盤をたたき、ファンを熱狂させてきた。遺族から「神村さんの店で生かしてほしい」と譲り受けた。  神村さんは「これからここで日本のトッププロのライブを企画していきたい」と語る。5日に開店を祝うライブを予定していたが、コロナ禍でやむなく10月に延期となった。しかし、神村さんがジャズ喫茶をオープンした話題は、友人や仲間たちがインターネット交流サイト(SNS)などを使ってどんどん拡散中。かつての後輩や、往年のジャズファンが次々と訪れている。

 「うちのコーヒーはあっさりとした酸味があって、まろやかな味。コーヒー好きの自分のこだわりがあります。あとは紅茶とバタートーストぐらいしかない。ゆっくりとジャズを楽しんでほしい」とほほ笑む神村さん。ジャズ喫茶「Cat」の物語は今始まったばかりだ。  営業時間は午後1時から同8時まで。日曜・祝日定休。

関連記事

日高報知新聞

看護の道へ第一歩 浦河赤十字看護専門学校で戴帽式

 浦河赤十字看護専門学校(学校長・大柏秀樹浦河赤十字病院長)=浦河町東町ちのみ1=の第31回戴帽式が23日、浦河赤十字病院4階体育館で行われ、厳かな雰囲気の中、今春入学した1年生男女19人が看護の...

根室新聞

産学官金が連携 海鮮パスタソース開発【根室】

 根室で食品卸売業を営む根室商業協同組合(加藤順二理事長)と㈲伊藤畜産(伊藤泰通社長)はこのほど、産学官金連携による根室産水産物等を活用した新たな商品開発に取り組み、根室商工会議所、地元の水産...

根室新聞

オオハクチョウ 渡りに遅れか【根室】

 春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターは22日、今季最初のオオハクチョウ飛来数調査を風蓮湖、温根沼周辺で行った。確認羽数は392羽で、過去5年平均(1064.8羽)に比べて大幅に少なかった。同セ...

苫小牧民報

ししゃもやタラコ、特産品並ぶ 東胆振物産まつり開幕

 第37回東胆振物産まつり(同実行委員会主催)が23日、苫小牧市木場町のMEGAドン・キホーテ苫小牧店3階で開幕した。東胆振1市4町から12店が出店し、開始直後から多くの買い物客が訪れている。新...

苫小牧民報

25日に秋の食遊フェス 苫小牧の4社が共同企画-店同士のコラボ商品も

 食欲の秋を楽しもう―。苫小牧市内の飲食店などを集めた食と体験のイベント「秋のとまこまい食遊フェス」が25日、しらかば町3の空揚げ専門店「からあげ専科 鶏から屋しらかば店」の駐車スペースと近接する...