北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ウポポイ 体験交流プログラムを再構築

ソーシャルディスタンスを確保しながら輪踊りを披露する職員=6月、町民向け内覧会

 12日に開業する白老町のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)は、新型コロナウイルス対策の一環で、体験交流プログラムを再構築した。工芸品の制作や楽器の演奏など「密」につながる体験の実施は見送り、実演や解説など「見る」「聞く」を中心に展開する。施設ごとに入場制限や所要時間を徹底させ、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を意識するなど、入場者の安心・安全確保を最優先する。

 ウポポイのコロナ対策は、国が示す基本的対処方針や各種ガイドライン(指針)に基づき、管理運営するアイヌ民族文化財団が実施する。6月9~14日の町民向け内覧会で実施したコロナ対策を基本に、体験交流プログラムを練り直した。当初予定していたムックリ(口琴)など伝統楽器の演奏、木彫や刺しゅうなど工芸の制作、シト(団子)の調理、民族衣装の試着などの体験は密閉、密集、密接の「3密」を避けるため当面実施を見送る。

 一方、各プログラムはアイヌ文化を分かりやすく伝えるため、実演や解説を中心に展開する。体験交流ホールや体験学習館、工房、伝統的家屋チセの各施設はプログラムごとに所要時間や入場者数を定める。例えば工房では各見学の所要時間を10分とし、木彫は定員9人で彫る、削るなどの技法を、刺しゅうは定員16人で織り、縫いなどの魅力を紹介する。

 アイヌに伝わる物語を短編映像にして30分間、定員約130人で映し出すなど演出も工夫。アイヌ古式舞踊も当初はホールで披露し、観客の一部も輪踊りに加わってもらう演出を想定していたが、開業当初は屋外のチキサニ広場を会場に、時間や規模を短縮して紹介する。園内の自然を観察しながらアイヌ文化を解説する案内も定員5人、所要時間40分に絞って実施する。  中核施設の国立アイヌ民族博物館についても、日本博物館協会の予防ガイドラインなどに沿って対策。博物館は1時間ごとの入館者数を決めた上、整理券を配って対応する予定だ。博物館の収容人員は基本展示室が390人、特別展示室が270人だが、入場者数は常時100人以下、1日当たり約900人に調整する見通し。開館記念特別展「私たちが受け継ぐ文化」は予定通り実施し、アイヌ工芸の作家や文化の担い手を中心に紹介する。

 ウポポイ入り口に検温するサーモグラフィーを設置し、体温が37・5度以上の場合は入場禁止にする。タッチパネル画面の操作や音声解説用機器の貸し出しは中止するなどし、訪れる人にもマスク着用やソーシャルディスタンスの確保など協力を呼び掛ける。同財団は「コロナ感染防止に努めながら、アイヌ文化をしっかりと伝えたい」としている。

関連記事

根室新聞

「北構保男博士の研究」特別展示始まる 13日まで【根室】

 6月5日に101歳で亡くなった考古学者でオホーツク文化研究の第一人者、北構保男氏を追悼し、研究業績を紹介する特別展示「郷土の考古学者北構保男博士の研究」が8日、市総合文化会館多目的ホールで始...

苫小牧民報

「(道内5紙)コロナ時代の道しるべ」特別な夏 全力で かわいそうと思われ..

駒大苫小牧高校野球部監督 佐々木ささき 孝介こうすけさん(33)  札幌円山球場で開催中の夏季北海道高校野球大会南北海道大会で、夏の甲子園連覇の実績を誇る駒大苫小牧は8日、準決勝で涙をのんだ...

苫小牧民報

ポーランド国立バレエ団で1年目から活躍 苫小牧出身の丁子さん

 苫小牧市出身の丁子蒼(ちょうじ・あおい)さん(20)が昨年8月から、ポーランド国立バレエ団の団員として活躍している。入団1年目ながら、舞台上でソロの踊りを披露するソリストを複数の公演で任される...

十勝毎日新聞

湊谷鈴さん絵本全国発売 帯広在住イラストレーター【帯広】

 帯広在住のイラストレーター湊谷鈴さん(23)=ペンネーム=が手掛けた絵本「むりつむり」が31日、三恵社(愛知)から全国発売される予定で、10日からインターネットのアマゾン予約が始まる。大人向けに...

十勝毎日新聞

帰省 悩んだ末に【十勝】

 お盆の帰省シーズンが始まった8日、空港や駅にはスーツケースを手にした帰省客らが降り立った。全国的に新型コロナウイルスの感染者が増加している中、やむなく帰省を自粛した人、悩みながらも帰省した人など...