北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫東小と苫東中の新校舎完成 市内初の併設型、2学期から供用開始

今月6日に引き渡しが行われた苫小牧東小(右側)と苫小牧東中(中央)の併設型新校舎。建物左側は中学校の体育館

 苫小牧東小学校(松橋忍校長、児童数192人)と苫小牧東中学校(五十嵐昭広校長、生徒数288人)の新校舎が、市内旭町の現東中の敷地内に完成した。共有スペースを設けた市内で初めての併設型校で、連携教育の効果も期待できる。校舎は8月18日に始まる2学期から供用を開始する予定だ。

 新校舎は鉄筋コンクリート造り3階建てで、延べ床面積は1万3711平方メートル。現東中の敷地南側で2019年7月に着工し、今月6日に引き渡された。

 総工費は約38億6000万円で、校舎東側が東中、西側が東小。それぞれ専用体育館があり、校舎中央部には交流・共有エリアを設け、図書室や多目的スペースは共用とする。職員室は児童、生徒の状況をよく把握できるよう2階に設けている。

 両校はこれまでも教諭が行き来して体験授業を行うなど教育連携を進めているが、併設型の利点を生かすことでさらに交流が進む見通し。また、中学に進学後、学習や生活スタイルの変化についていけないことで起きる中1ギャップについても、「乗り入れ授業など中学の授業に早くなじんでもらうことで解消につながる」(五十嵐校長)と強調。往来がしやすくなることから「中学生が児童の面倒を見る機会も計画したい」と話す。

 児童生徒間の交流活動も新型コロナウイルスの動向を見ながら積極的に行う方針。小学校の児童会と、中学校の生徒会が合同であいさつ運動を行ったり、中学生の校内主張発表大会を小学生に見せたりすることも検討しており、松橋校長は「小中連携を進める土台づくりの1年にしたい」と話す。

 現東中の校舎は今年12月から21年8月ごろにかけて解体し、敷地はグラウンドに活用。東小の校舎は同年7月から22年2月ごろまでに取り壊され、跡地は市民ホール用地とする。

関連記事

根室新聞

一日も早い北方領土返還を―市民大会開く【根室】

 北方領土の一日も早い返還を願う北方領土返還要求根室市民大会(大会長・石垣雅敏市長、実行委員長・長谷川俊輔根室市北方領土返還要求推進協議会長)が2日、道立北方四島交流センター「ニ・ホ・ロ」横の...

根室新聞

かに祭りの雰囲気ウェブで―市観光協会が特設サイト開設【根室】

 根室市観光協会(岡野将光会長)は1日、新型コロナウイルス感染防止対策のため今年の開催を中止した根室かに祭りの雰囲気を楽しんでもらおうと、特設サイト「web de 根室かに祭り」=写真=を開設...

根室新聞

地球探索鉄道 花咲線ラッピングバス、タクシー発車【根室】

 根室市にJR北海道が共催し、根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会が後援するJR花咲線存続に向けたブランド再構築事業「2020年夏季プロモーション」が1日から始った。関係団体などと連携した取り...

室蘭民報

本田さん輝くゴールド ジュニアマイスター顕彰制度【室蘭】

国家資格・検定、数々取得 髙橋さん、千葉さんも危険物乙種全6種  室蘭工業高校電子機械科3年の本田桜太さん(17)が、全国の工業高校の生徒が、資格・検定の合格を通して身に付けた知識・技術・技能を...

室蘭民報

「農福連携」へ準備着々 利用者、仕事持ち帰り作業【伊達】

矢野農園と太陽の園  伊達市西関内の矢野農園と、同市幌美内町の北海道社会福祉事業団「太陽の園」が、農業と障害者福祉が結びつく「農福連携」の実施に向けて準備を進めている。「でめんさん」のように利用...