北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

ウポポイ開業 民族共生へ一歩【白老】

テープカットを行う刀禰俊哉内閣官房アイヌ総合政策室長(右端)ら

伝統的コタンで古式舞踊を鑑賞する来場者

初日2千人

 白老町の民族共生象徴空間・ウポポイが12日開業、ウポポイPRアンバサダーを招いた華やかなオープニングセレモニーが行われ、道内外からの人出でにぎわった。新型コロナウイルス感染防止のため、入場は事前予約制となったが、当日券も入れて初日は2068人が入場した。

 オープニングセレモニーでは、主催者の刀禰俊哉内閣官房アイヌ総合政策室長が「多くの人が施設を訪れ、わが国の貴重な文化であるアイヌ文化の素晴らしさを感じてもらい、民族共生の理念に共感していただくことを期待する。ウポポイが国内外の多くの方々に広く愛される施設になることを祈念している」とあいさつ。常本照樹アイヌ民族文化財団理事長も「民族共生社会の実現に向けた重要な役割を果たすために、関係諸国、地域との連携を深めていきたい」と決意を述べた。

 続いて加藤忠北海道アイヌ協会常務理事が「ウポポイは対話と交流を通してできた。多くのみなさんに見ていただきたい」と述べ、鈴木直道知事、戸田安彦白老町長も祝辞を述べた。

 また、宇梶剛士(俳優)、坂口渚沙(AKB48 Team8)の両ウポポイPRアンバサダーが「ウポポイファンとして、みなさんに知ってもらうために張り切ってやっていく。ここの魅力を世界中の人に伝えてほしい」と呼び掛けた。TEAM NACSの森崎博之さん、戸次重幸さん(ウポポイオフィシャルサポーター)も開業をPR。刀禰室長、常本理事長ら12人がカウントダウンの後にテープカットを行って盛大に開業を祝った。

 施設内では、サルルンカムイリムセ(鶴の舞)、イヨマンテリムセ(熊の霊送り)、カムイノミ(儀式)などの古式舞踊や伝統芸能の上演などが行われた。国立アイヌ民族博物館では、アイヌ民族の文化や歴史を六つのテーマで紹介。衣装や民具などが展示されており、会場はアイヌ文化に触れる来場者でにぎわっていた。

 宇梶さん、坂口さん、森崎さん、戸次さんによるスペシャルトークショーも来場者を楽しませた。

 初日の入館者総数は2068人。内訳は前売り券1138人、当日券930人だった。

 ウポポイは国が200億円をかけて、ポロト湖畔に整備した。東京以北では初の国立博物館となる中核施設の国立アイヌ民族博物館(地上3階建て、約8600平方メートル)、体験交流ホールや体験学習館などの国立民族共生公園、慰霊施設で構成。博物館はアイヌ民族の民具や資料など1万点を収蔵、基本展示室で700点を公開している。12日からは開業記念特別展「私たちが受け継ぐ文化-アイヌ文化を未来へつなぐ」が開幕、特別展示室で120点を展示している。 

 体験交流ホールでは、古式舞踊の公演などを行うほか、体験学習館では修学旅行生などによるアイヌの食文化体験などができる。18日からは、アイヌ民族に伝わる創世神話を建物に投影するプロジェクションマッピング(夜間)もスタートする予定。

 ウポポイはアイヌ語で「大勢で歌う」を意味する。来場者は年間100万人が目標。政府は当初、4月24日の開業を予定したが、コロナの影響で2度延期していた。

 ※「サルルンカムイリムセ」の「ム」、「イヨマンテリムセ」の「ム」は小文字

関連記事

室蘭民報

1日市制施行50周年 記念事業次々開催 ビースマイルCF開始【登別】

親子ドライブインシアター/市内の学校で鬼花火予定  登別市はきょう1日、市制施行50周年を迎える。予定していた式典や事業は、新型コロナウイルス感染症で延期や中止となったが、代替事業として未来の...

室蘭民報

需要減の道産花PR、胆振総合振興局 アレンジメント展始まる【室蘭】

 北海道産の花を使用したフラワーアレンジメントの展示会(主催・北海道花き振興協議会、道)が、胆振総合振興局1階ロビー(室蘭市海岸町、むろらん広域センタービル)で28日から始まった。新型コロナウイ...

室蘭民報

7月豪雨被災地、支援しよう あす31日、チャリティービール祭り【登別】

 登別中央飲食店組合、登別中央商店会主催の第5回チャリティービール祭りが30、31の両日、登別市中央町のらいば公園を会場に行われる。7月の豪雨で甚大な被害を受けた熊本県などを支援。新型コロナウイ...

室蘭民報

だんパラで9月にキャンプイベント 体験教室、飲食提供も【室蘭】

コロナ時代見据え初試み  室蘭のだんパラ公園(神代町)で今秋、キャンプと体験型コンテンツを楽しむ1泊2日のイベントが初開催される。市と市民有志による実行委主催、登山用品の秀岳荘(札幌)などが協力...

十勝毎日新聞

フードバレー「オンライン」マラソン 参加無料【帯広】

 新型コロナウイルスの影響で今年は中止となった「フードバレーとかちマラソン」の実行委員会(火ノ川好信実行委員長)は、代替大会となるスマートフォン(スマホ)アプリを活用したオンラインマラソンについ...