北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

念願のチーズドッグ開発 豚丼「とん田」営む小野寺さん【帯広】

 帯広の人気豚丼店「とん田」(帯広市東10南17)を運営する小野寺洋一さん(44)が8月1日、店舗横にテークアウト専門店「とかちチャーム」をオープンさせ、十勝産の小麦粉を使ったオリジナルのチーズドッグ「とかチードッグ」などの製造・販売を始める。約20年前まで食べていた「史上最高のチーズドッグの味」(小野寺さん)を再現したもので、「自信が持てる出来。長年の夢がようやく実現した」と張り切っている。

「型からはみ出た『羽』の部分のカリカリ感も最高」と、とかチードッグをPRする小野寺代表

 チーズドッグは基本、ホットケーキ風の生地にプロセスチーズを挟んで焼いたメニュー。とかチードッグは十勝産の小麦粉とミックス粉などを使用し、特注の鋳型を使い、北海道の妖精「コロポックル」の形とした。チーズ味とピザ味の2種類で1個各200円。

 特にチーズ味は、小野寺さんが生まれ育った千葉県柏市内の屋台店などで食べた味に似せた。「生地の弾力やチーズとの味のバランスが絶妙だった。当時は地域のどの店で食べても同じ味だったと記憶するが、いつの間にか消えていた。その後も探し歩き、似たようなメニューがあると食べたが、あの時に巡り合えなかった」と振り返る。

 「とかちチャーム」はプレパブ風店舗。「とかチードッグ」のほか、米粉100%の「米包(ミーパオ)」(豚丼味、バターコーン味2種)も1個各260円で販売する。

 小野寺さんは14年前から、妻の叔父が創業したとん田で働くようになり、2010年ごろに2代目店主に。行列店のオーナーとして忙しい日々を送る中でも開店の夢を持ち続けた。社員も育ち、開店準備を進めてきた矢先、新型コロナウイルスの影響で、外食店を取り巻く環境が一変した。「迷ったが、手軽においしい品を提供し、お客さまの笑顔を見たい」と話している。午前11時~午後6時、当面は不定休。問い合わせはとん田(0155・24・4358)へ。

関連記事

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...

十勝毎日新聞

地ビールで乾杯 町内産の大麦と小豆で風味豊か【豊頃】

 豊頃町内産の大麦と小豆を原料にした2種類のクラフトビール(地ビール)を澄川麦酒醸造所(札幌市)が今月上旬に醸造し、地域の話題になっている。小笠原ファーム(町北栄)の大麦を使用した「GO OUT(...