北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

新千歳、久々のにぎわい 4連休スタート

観光客らが続々と到着している新千歳空港の国内線到着口=23日午前11時ごろ

 4連休が始まった23日、北海道の空の玄関口・新千歳空港は、道内入りした観光客や道外に向かう旅行客らで混雑している。新型コロナウイルス感染拡大により、航空各社は減便が続いているが、国内線ターミナルビルは久々に活況を呈している。

 航空各社は4連休の予約状況を公表していないが、22日には政府の観光支援事業「Go To トラベル」キャンペーンがスタート。連休の最初と最後に当たる23日午前と26日終日は、予約が好調という。道内外の往来が活発化する中、航空各社は体温測定のサーモカメラを搭乗口に設けるなど、コロナ対策を徹底し、観光客らを受け入れている。

 国内線ビルは23日午前、到着口付近を中心にマスク姿の家族連れやカップル、団体客などで混雑し、レンタカーなどの手続きで一定の距離を保ちながら並ぶ光景も。同キャンペーンの対象から除外された東京をはじめ、大阪、名古屋、仙台など各地から観光客らが続々と到着している。

 東京から家族3人で道内入りした会社員の中村直樹さん(35)は「想像以上に飛行機は混んでいた」と驚いた様子。富良野を訪れる予定といい「久々の旅行。普段通りコロナ対策もしっかりして楽しみたい」と語った。

 同じく東京から家族と観光に訪れた主婦鴻巣清子さん(42)も「子どもとクワガタ捕りや馬を見るのを楽しみにしていた。直前でキャンペーンが対象外と言われたけど、ずっと前から予約や準備をしていたので」と話していた。

関連記事

根室新聞

特産品で地元出身学生を応援 第2弾 1日から申込受付【根室】

 根室を離れ学業に励む学生に、地元特産品を贈る「根室出身学生応援!根室の旨いをお届け隊」の第2弾の募集が11月1日から始まる。今回も5千円相当分の地場産品詰め合わせを用意し、根室の味を届ける。...

根室新聞

下校見守り活動拡大 保護司会と更生保護女性会【根室】

 根室地区保護司会(袴谷良憲会長)は19日から根室更生保護女性会(原田純子会長)などと協力して、新たに花咲小学校の学校区周辺で下校児童の見守り活動を実施している。  見守り活動は根室地区保護...

苫小牧民報

厚真高生が復旧作業や工場見学 林業現場体験ツアー 未来の担い手育成へ

胆振総合振興局、胆振地域林業担い手確保推進協議会は20日、厚真高校の1年生32人を対象に「林業現場体験バスツアー」を行った。生徒たちは2018年9月の胆振東部地震で被災した厚真町内民有林の復旧作業...

苫小牧民報

公設市場30日まで意見公募 花卉は民間委譲へ 

苫小牧市は、公設地方卸売市場の民間活力導入に向けた準備を進めている。2021年度に青果、水産両市場の管理・運営を指定管理者に移行し、22年度に花卉(かき)市場を民間委譲する計画。市議会の12月定例...

苫小牧民報

王子サーモン ツイッターで 大きな反響、サケの種類を解説

スモークサーモン製造販売の王子サーモン(本社東京、本店苫小牧市)がインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」でサケの種類を画像付きで紹介し、反響を呼んでいる。同社は20日に創業53年を迎えたばか...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス