北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

4連休後半も人繰り出す 家族連れ中心 各地に笑顔

人気を集める観光馬車=25日午前11時30分すぎ、ノーザンホースパーク

 折り返しを迎えた4連休は25日、苫小牧地方で曇りや小雨が降るなど天候はいまひとつだが、観光スポットや文化施設などでは休日を楽しみたい人たちが繰り出している。  市内美沢のノーザンホースパークは25日、午前9時の開園直後は天候がぐずついたが、同10時ごろには雨もほぼ上がり、家族連れを中心に道内外の観光客が続々と訪れている。  新型コロナウイルス感染症の予防で、当面は入園を事前予約優先にし、レストランや売店の利用人数も制限するなど、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を確保しながら営業している。  訪れた人は人気のポニーショーに拍手を送り、馬車に乗って園内の景色を眺めるなど、馬との触れ合いを思い思いに満喫。豊かな自然を楽しもうと、自転車で園内を回る姿も目立った。

 家族4人で引き馬などを楽しんだ恵庭市の尾張俊輔さん(35)は「馬に乗ったら高くて、ちょっと怖かったけど、景色はとてもいい。子どもたちと走り回れてうれしい」と笑顔を見せていた。

 市内旭町の苫小牧市科学センターでは25日午後1時現在、親子連れなど約100人が来館している。コロナ感染防止のため直接触れる展示は使用できないが、「鏡の部屋」や、目の錯覚で身長が伸び縮みして見える「不思議な部屋」などで楽しみながら科学に触れている。

 札幌市在住の主婦、白川恭子さん(40)は連休を利用し、家族4人で苫小牧観光。フェリーターミナルや美術博物館など、市内の主要な施設を満喫中だ。「多くの観光客で『密』になる場所は避けたくて、札幌から気軽に来られる苫小牧を選んだ」と話す。

 長女の莉子ちゃん(8)は「キラキラ公園とサンガーデンが思い出に残った」と笑顔を見せた。

 連休前半の来館者数はコロナの影響などで落ち込んだものの、25日は「まずまずの入り込み」(担当者)としている。

 市内植苗の屋外庭園施設、イコロの森では連休中、1日当たり200人以上が来訪。市内外から多くの入場者が見頃のキキョウやヤマアジサイ、ナデシコ、シモツケなどの花々を観賞している。

 24日に札幌市から夫婦で訪れた50代の会社員男性は「自然な感じで植えられているが、しっかり手入れされていてきれいですね」と庭を眺めていた。

 営業しているレストランのランチタイムに合わせて来場する人も多いよう。ヘッドガーデナーの高林初さん(42)は「屋外なので混み合うことはない。休日をゆっくり過ごしてほしい」と話した。

来館者でにぎわう苫小牧市科学センター=25日午前10時50分ごろ

関連記事

函館新聞

スタッフは全員副業 ユニークな働き方のフルーツサンド持ち帰り専門店開店【..

 函館市と青森市で居酒屋「地元家」を展開する「ノースグリード」(稲場康祐社長)は6日、本町7にフルーツサンドの持ち帰り専門 店「ロクテンハチ」をオープンした。スタッフには副業で働く人だけを採用す...

函館新聞

道南全18市町で人口減、函館は減少数全国9位 総務省調査【函館】

 総務省が発表した今年1月1日時点の住民基本台帳に基づく人口動態調査で、道南18市町の日本人人口は42万1955人と前年から7216人減少した。特に函館市は前年比3747人減の25万4146人で...

日高報知新聞

高校生130人が浦河合宿

 合宿誘致を進めている浦河町に5日から2泊3日で、札幌市の北星学園大学附属高校の男子サッカー部と女子バドミントン部、女子テニス部員ら計約130人が合宿し、7日帰郷した。  男子サッカー部は西...

日高報知新聞

管内1位はえりも町 19年度のふるさと納税寄付額

 総務省が5日発表した2019年度のふるさと納税の寄付額は、全国で4875億4000万円(約2334万件)で、前年度の5127億1000万円(約2322万件)から金額で5%ほど減少した。北海道は前...

釧路新聞

「三元交配」の乳牛誕生【中標津】

   町養老牛の中澤牧場で、乳用牛のホルスタイン種にフランスから輸入したモンベリアード種を掛け交わせた子牛が誕生した。病気に強く飼いやすい牛を作り続ける「クロスブリーディング」という手法で、計根別...