北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ロープウエーに「チセ」 アイヌ伝統家屋空を飛ぶ-のぼりべつクマ牧場

アイヌ民族の伝統家屋チセをモチーフにした「カント・チセ号」

 のぼりべつクマ牧場(登別市)のロープウエーに、アイヌ民族の伝統家屋チセをモチーフにしたゴンドラがお目見えした。白老町のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を記念した企画。空飛ぶチセは観光客の目を楽しませている。

 カント・チセ号と名付けたゴンドラは、牧場で飼育するクマの餌などさまざまな物資を運ぶ貨物用を活用し、職員らが3週間ほどかけて手作りした。カントはアイヌ語で空、チセは家を意味し、空中に浮かぶ家をイメージした。

 大きさは幅と高さが各1・6メートル、奥行き1・15メートル。かやぶきのチセに似せるため、すだれの素材を利用して屋根や壁を仕上げ、内部にいろりを設けるなど伝統家屋を再現。炉の中で赤色LED(発光ダイオード)を光らせ、火が燃えているように工夫した。製作に当たっては、牧場施設内のアイヌ文化体験エリア「ユーカラの里」に並ぶ3棟のかやぶきチセを参考に、凝った造りにした。

 クマ牧場は、ウポポイ開業後の17日にカント・チセ号の運行を開始。11月20日まで続ける予定だ。人を乗せることはできないが、片道1・2キロのロープウエーを7分半かけて上ったり、下りたりするユニークなゴンドラの光景が観光客らを喜ばせている。

 クマ牧場総務課の吉田廣勝係長は「ウポポイの開業で登別温泉も観光客の増加に期待しているところ。ウポポイを盛り上げ、北海道のアイヌ文化をアピールしたい」と話す。施設の営業時間は午前9時半から午後4時半。

赤色LEDを光らせたいろりを設け、チセの伝統を再現

関連記事

函館新聞

スタッフは全員副業 ユニークな働き方のフルーツサンド持ち帰り専門店開店【..

 函館市と青森市で居酒屋「地元家」を展開する「ノースグリード」(稲場康祐社長)は6日、本町7にフルーツサンドの持ち帰り専門 店「ロクテンハチ」をオープンした。スタッフには副業で働く人だけを採用す...

函館新聞

道南全18市町で人口減、函館は減少数全国9位 総務省調査【函館】

 総務省が発表した今年1月1日時点の住民基本台帳に基づく人口動態調査で、道南18市町の日本人人口は42万1955人と前年から7216人減少した。特に函館市は前年比3747人減の25万4146人で...

日高報知新聞

高校生130人が浦河合宿

 合宿誘致を進めている浦河町に5日から2泊3日で、札幌市の北星学園大学附属高校の男子サッカー部と女子バドミントン部、女子テニス部員ら計約130人が合宿し、7日帰郷した。  男子サッカー部は西...

日高報知新聞

管内1位はえりも町 19年度のふるさと納税寄付額

 総務省が5日発表した2019年度のふるさと納税の寄付額は、全国で4875億4000万円(約2334万件)で、前年度の5127億1000万円(約2322万件)から金額で5%ほど減少した。北海道は前...

釧路新聞

「三元交配」の乳牛誕生【中標津】

   町養老牛の中澤牧場で、乳用牛のホルスタイン種にフランスから輸入したモンベリアード種を掛け交わせた子牛が誕生した。病気に強く飼いやすい牛を作り続ける「クロスブリーディング」という手法で、計根別...