北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「等身大パネル」に笑顔 校長 図書局とコラボ展 三条高校【帯広】

等身大パネル(右側奥)を囲む合浦校長(パネルの前)と喜多局長(前列左から2人目)ら図書局の生徒

 帯広三条高校の図書室で、4月に赴任した合浦(がっぽ)英則校長(56)と図書局とのコラボ展「校長のすゝめ」が開かれている。合浦校長の好きな作家の本を知ることができるコーナーとして、校長の等身大パネルも置かれ、生徒の目を引いている。

 道教委の公募で採用された合浦校長は、埼玉大学で日本文学を専攻。帯広三条高では4月の休校を機に、小説の名言にちなんだエッセーを「校長通信」として月1回発行している。

 コラボ展は読書家の合浦校長と生徒との距離を縮めるきっかけにしようと、図書局の生徒7人が発案。校長通信で紹介された夏目漱石の「三四郎」、綿矢りささんの「インストール」のほか、同じ作家の本など20冊を置いている。

 合浦校長は「(図書室への)階段を上った時に自分がそこに浮き上がっているように見え、恥ずかしいけれどうれしい」と笑顔。図書局の喜多桃香局長(3年)は「等身大パネルで、マスクを外した校長の素顔を初めて見る生徒もいると思う。校長を身近に感じ、興味がなかったジャンルの本を手に取るきっかけになれば」と話す。

 図書局の3年生は7月末で引退し、1年生2人だけになるが、本は今後も随時追加される予定だ。

関連記事

函館新聞

スタッフは全員副業 ユニークな働き方のフルーツサンド持ち帰り専門店開店【..

 函館市と青森市で居酒屋「地元家」を展開する「ノースグリード」(稲場康祐社長)は6日、本町7にフルーツサンドの持ち帰り専門 店「ロクテンハチ」をオープンした。スタッフには副業で働く人だけを採用す...

函館新聞

道南全18市町で人口減、函館は減少数全国9位 総務省調査【函館】

 総務省が発表した今年1月1日時点の住民基本台帳に基づく人口動態調査で、道南18市町の日本人人口は42万1955人と前年から7216人減少した。特に函館市は前年比3747人減の25万4146人で...

日高報知新聞

高校生130人が浦河合宿

 合宿誘致を進めている浦河町に5日から2泊3日で、札幌市の北星学園大学附属高校の男子サッカー部と女子バドミントン部、女子テニス部員ら計約130人が合宿し、7日帰郷した。  男子サッカー部は西...

日高報知新聞

管内1位はえりも町 19年度のふるさと納税寄付額

 総務省が5日発表した2019年度のふるさと納税の寄付額は、全国で4875億4000万円(約2334万件)で、前年度の5127億1000万円(約2322万件)から金額で5%ほど減少した。北海道は前...

釧路新聞

「三元交配」の乳牛誕生【中標津】

   町養老牛の中澤牧場で、乳用牛のホルスタイン種にフランスから輸入したモンベリアード種を掛け交わせた子牛が誕生した。病気に強く飼いやすい牛を作り続ける「クロスブリーディング」という手法で、計根別...