北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

企業版ふるさと納税開始 総合戦略事業に活用へ-苫小牧市

記者会見で企業版ふるさと納税について説明する岩倉市長

 苫小牧市は今月から、自治体の地方創生事業に寄付した企業の税負担を軽くする「企業版ふるさと納税」の受け付けを開始した。寄付は人口減対策を柱とした市の総合戦略の関連事業に使われる。市としては財源調達の新たな選択肢で、企業側にとっても社会貢献、法人関係税の税額控除など双方にメリットがある。市は制度のPRに力を入れ、多くの企業の協力を取り付けたい考えだ。

 企業版ふるさと納税は、2016年度に国が創設。国が認定した自治体の地域創生事業に寄付した企業はその額に応じて税額が控除される。国は今年4月、自治体の申請手続きを簡素化し同事業に基づく法人税、法人住民税などの控除割合も最大6割から9割に引き上げた。

 こうした流れを受け、市は企業版ふるさと納税の寄付要件である地域再生計画を策定。7月3日に内閣府の認定を受けた。計画の期間は25年3月末まで。寄付の対象は、市が20年度から5カ年の総合戦略に掲げる四つの基本目標の関連事業としている。

 四つの基本目標には▽地元企業と学生の”つながり”を強化し、地元雇用の確保と拡大を実現▽子育てしながら仕事を続けられる社会環境の整備▽地元の魅力を強化し、暮らしやすさ発信で移住を促進▽産業競争力を高め、地域ブランド力を向上―を掲げている。

 29日の記者会見で、岩倉博文市長は同制度について「(市、企業の)双方にとってメリットがある。国の認定から外されないよう理論構築して進めたい」と強調。市の成長戦略である国際リゾート構想の具現化への活用も視野に入れているとした。

 このほか、寄付の要件には▽苫小牧市内に本社がないこと▽寄付の下限は10万円▽寄付企業への経済的な見返りは禁止―といった項目もある。

 市は「すでに数社から問い合わせがある」と説明。今後パンフレットを作成するほか、ホームページで紹介したり、企業訪問したりして制度の周知に努める。

関連記事

函館新聞

スタッフは全員副業 ユニークな働き方のフルーツサンド持ち帰り専門店開店【..

 函館市と青森市で居酒屋「地元家」を展開する「ノースグリード」(稲場康祐社長)は6日、本町7にフルーツサンドの持ち帰り専門 店「ロクテンハチ」をオープンした。スタッフには副業で働く人だけを採用す...

函館新聞

道南全18市町で人口減、函館は減少数全国9位 総務省調査【函館】

 総務省が発表した今年1月1日時点の住民基本台帳に基づく人口動態調査で、道南18市町の日本人人口は42万1955人と前年から7216人減少した。特に函館市は前年比3747人減の25万4146人で...

日高報知新聞

高校生130人が浦河合宿

 合宿誘致を進めている浦河町に5日から2泊3日で、札幌市の北星学園大学附属高校の男子サッカー部と女子バドミントン部、女子テニス部員ら計約130人が合宿し、7日帰郷した。  男子サッカー部は西...

日高報知新聞

管内1位はえりも町 19年度のふるさと納税寄付額

 総務省が5日発表した2019年度のふるさと納税の寄付額は、全国で4875億4000万円(約2334万件)で、前年度の5127億1000万円(約2322万件)から金額で5%ほど減少した。北海道は前...

釧路新聞

「三元交配」の乳牛誕生【中標津】

   町養老牛の中澤牧場で、乳用牛のホルスタイン種にフランスから輸入したモンベリアード種を掛け交わせた子牛が誕生した。病気に強く飼いやすい牛を作り続ける「クロスブリーディング」という手法で、計根別...