北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯農 熱きオレンジで野球部応援 士幌高からどら焼きも【帯広】

全校生徒 選抜用Tシャツで授業

 阪神甲子園球場(兵庫県)で8月に行われる交流試合に出場する野球部の応援で学校が一つとなった。帯広農業高校(二木浩志校長、生徒584人)は、8月3日からの夏休みを前にした31日を「オレンジの日」とし、全校生徒が野球部のチームカラーであるオレンジ色のTシャツを着て授業を受けた。新型コロナ感染予防の観点から壮行会を中止した代わりに、野球部を後押ししようと初めて実施。晴れ舞台に臨む部員たちを勇気づけた。

野球グラウンドが見える教室で、生徒も教職員もオレンジ色のTシャツに着替えて野球部を応援

 胸に「OBINOH 92nd SEMBATSU」と文字が刻まれたオレンジ色のTシャツは、選抜大会(3月)での応援用に「帯農野球部協賛会」が全校生徒分を用意したが、中止が決まって以来、着用する機会がなかった。この日、制服で登校した生徒はTシャツに着替え、1、2時間目の授業を受けた。

 野球部の主砲・水上流暢さん(3年)と同じクラスの生徒は「自慢の野球部。ほかの部活の生徒の気持ちと一緒に頑張ってほしい」「甲子園に行けないのは残念だが、心の中でしっかり応援したい」と話した。

 4時間目の全校集会には1、2年生が各教室、3年生が体育館に集まった。同校放送室から男子生徒が野球部に「フレー」とエールを送り、生徒は手拍子で盛り上げた。井村塁主将(3年)は「皆さんのおかげで野球を続けてこられた。仲間を信じ1戦必勝で頑張ります」と決意の言葉を述べた。

激励で100個 士幌高生徒

 帯広農業高校野球部に30日、士幌高校(赤穂悦生校長)からどら焼き100個が贈られた。

 士幌高が1950年に川西農業高校(現・帯広農業高)の分校としてスタートした縁から、試合での活躍を願い、激励しようと生徒たちが企画した。士幌高で生産したどら焼きが入ったパッケージには応援メッセージが手書きされている。

 帯広農業高野球グラウンドで贈呈式が行われ、士幌高の畠野麗桜(れお)生徒会長(3年)と谷岸佑助野球部主将(2年)が、帯広農業高の井村塁主将(3年)と前田愛都(まなと)副主将(同)に手渡した=写真。

 畠野会長は「私たちの思いを込めたどら焼きを食べて頑張ってきてほしい」とエールを送った。井村主将は「応援してもらえてうれしい。甲子園で思い切ってプレーをしてきたい」と感謝と決意を述べた。

関連記事

苫小牧民報

深海魚「サケビクニン」繁殖成功 世界初の人工授精-登別マリンパークニクス

 登別市の水族館・登別マリンパークニクスは、北日本海域に生息する深海魚「サケビクニン」を人工授精で繁殖させることに成功した。人工繁殖の技術を使い、同種の卵をふ化させたのは世界で初めてという。登別...

苫小牧民報

6寺院を避難所に むかわ町と鵡川仏教会が災害協定

 むかわ町と町内鵡川地区の寺院でつくる「鵡川仏教会」は14日、災害時における施設利用に関する協定を結んだ。同日、静光寺(町松風)で締結式が行われ、竹中喜之町長と各寺院の関係者が協定書を交わした。 ...

日高報知新聞

オオワシの生態と価値【新ひだか】

【新ひだか】静内本町1の高田観光主催の「なぜ静内川にオオワシがくるのかその生態と価値を学ぶ」の講座は、15人が参加して座学が12日、観察会が13日に町内で開かれた。町体験・滞在型観光商品開発等支援事業。 ...

日高報知新聞

節婦で突風発生【新冠】

【新冠】14日午前8時前ごろ、町内節婦町で突風が発生し、倉庫が倒壊したり国道沿いのバス停待合室が道路の反対側まで吹き飛び全壊し、倉庫を中心に10棟ほどの被害があった。けが人などはなかった。  ...

十勝毎日新聞

コロナ収束炎に願う どんど焼き【帯広】

 帯広市内の帯廣神社(大野清徳宮司)で15日、「どんど焼き」(古神札焼納祭)が行われた。訪れた市民らが炎の中に正月飾りなどを投げ入れ、1年間の無病息災を祈った。  どんど焼きは、正月飾りなど...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス