北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯農 熱きオレンジで野球部応援 士幌高からどら焼きも【帯広】

全校生徒 選抜用Tシャツで授業

 阪神甲子園球場(兵庫県)で8月に行われる交流試合に出場する野球部の応援で学校が一つとなった。帯広農業高校(二木浩志校長、生徒584人)は、8月3日からの夏休みを前にした31日を「オレンジの日」とし、全校生徒が野球部のチームカラーであるオレンジ色のTシャツを着て授業を受けた。新型コロナ感染予防の観点から壮行会を中止した代わりに、野球部を後押ししようと初めて実施。晴れ舞台に臨む部員たちを勇気づけた。

野球グラウンドが見える教室で、生徒も教職員もオレンジ色のTシャツに着替えて野球部を応援

 胸に「OBINOH 92nd SEMBATSU」と文字が刻まれたオレンジ色のTシャツは、選抜大会(3月)での応援用に「帯農野球部協賛会」が全校生徒分を用意したが、中止が決まって以来、着用する機会がなかった。この日、制服で登校した生徒はTシャツに着替え、1、2時間目の授業を受けた。

 野球部の主砲・水上流暢さん(3年)と同じクラスの生徒は「自慢の野球部。ほかの部活の生徒の気持ちと一緒に頑張ってほしい」「甲子園に行けないのは残念だが、心の中でしっかり応援したい」と話した。

 4時間目の全校集会には1、2年生が各教室、3年生が体育館に集まった。同校放送室から男子生徒が野球部に「フレー」とエールを送り、生徒は手拍子で盛り上げた。井村塁主将(3年)は「皆さんのおかげで野球を続けてこられた。仲間を信じ1戦必勝で頑張ります」と決意の言葉を述べた。

激励で100個 士幌高生徒

 帯広農業高校野球部に30日、士幌高校(赤穂悦生校長)からどら焼き100個が贈られた。

 士幌高が1950年に川西農業高校(現・帯広農業高)の分校としてスタートした縁から、試合での活躍を願い、激励しようと生徒たちが企画した。士幌高で生産したどら焼きが入ったパッケージには応援メッセージが手書きされている。

 帯広農業高野球グラウンドで贈呈式が行われ、士幌高の畠野麗桜(れお)生徒会長(3年)と谷岸佑助野球部主将(2年)が、帯広農業高の井村塁主将(3年)と前田愛都(まなと)副主将(同)に手渡した=写真。

 畠野会長は「私たちの思いを込めたどら焼きを食べて頑張ってきてほしい」とエールを送った。井村主将は「応援してもらえてうれしい。甲子園で思い切ってプレーをしてきたい」と感謝と決意を述べた。

関連記事

函館新聞

スタッフは全員副業 ユニークな働き方のフルーツサンド持ち帰り専門店開店【..

 函館市と青森市で居酒屋「地元家」を展開する「ノースグリード」(稲場康祐社長)は6日、本町7にフルーツサンドの持ち帰り専門 店「ロクテンハチ」をオープンした。スタッフには副業で働く人だけを採用す...

函館新聞

道南全18市町で人口減、函館は減少数全国9位 総務省調査【函館】

 総務省が発表した今年1月1日時点の住民基本台帳に基づく人口動態調査で、道南18市町の日本人人口は42万1955人と前年から7216人減少した。特に函館市は前年比3747人減の25万4146人で...

日高報知新聞

高校生130人が浦河合宿

 合宿誘致を進めている浦河町に5日から2泊3日で、札幌市の北星学園大学附属高校の男子サッカー部と女子バドミントン部、女子テニス部員ら計約130人が合宿し、7日帰郷した。  男子サッカー部は西...

日高報知新聞

管内1位はえりも町 19年度のふるさと納税寄付額

 総務省が5日発表した2019年度のふるさと納税の寄付額は、全国で4875億4000万円(約2334万件)で、前年度の5127億1000万円(約2322万件)から金額で5%ほど減少した。北海道は前...

釧路新聞

「三元交配」の乳牛誕生【中標津】

   町養老牛の中澤牧場で、乳用牛のホルスタイン種にフランスから輸入したモンベリアード種を掛け交わせた子牛が誕生した。病気に強く飼いやすい牛を作り続ける「クロスブリーディング」という手法で、計根別...