北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

地ビールで乾杯 町内産の大麦と小豆で風味豊か【豊頃】

 豊頃町内産の大麦と小豆を原料にした2種類のクラフトビール(地ビール)を澄川麦酒醸造所(札幌市)が今月上旬に醸造し、地域の話題になっている。小笠原ファーム(町北栄)の大麦を使用した「GO OUT(ゴーアウト)」と、山本農場(町牛首別)の小豆を使った「アーズシェイカー」はいずれもアルコール度5%で、同醸造所が330ミリリットル750円で販売している。

地ビール醸造家の畠山さん(中央)と一緒に豊頃産の原料を使った地ビールで乾杯する小笠原さん(左)と島さん

 今冬に町内で行われたイベントに同醸造所社員で地ビール醸造家の畠山雅之さん(36)が参加。その場に居合わせた同ファームの小笠原玄記さん(31)と、妻の実家が同農場の島昇之さん(55)の3人で地ビールの話で盛り上がり、それぞれ原料販売を約束した。

 ゴーアウトの大麦は、同ファームが20キロを同醸造所に販売し、120リットルを醸造した。畠山さんは、「豊頃の大麦はとてもいい感じに仕上がった」と太鼓判を押した。

 小笠原さんは、「麦の味が感じられる。満足できるビールになった」と笑顔を見せ、酒類を販売できる免許の取得を目指している。ゴーアウトは、町内の飲食店「焼き鳥 とり良」が同醸造所から10リットルを購入し、店内で提供したところ「大好評だった」という。

 一方、アーズシェイカーは、島さんが小豆20キロを同社に販売。60リットルを醸造し、販売しているのは同醸造所のみ。畠山さんは、「小豆でビールをつくったのは初めてで苦労したが、おいしいビールになった」と胸を張った。酒税法上は、小豆を50%以上使用しているため発泡酒となる。

 島さんは「妻の実家の小豆を使った。甘みがあってフルーティーな味に仕上がっている」と喜んでいる。アーズシェイカーは、島さんが同醸造所から必要な分だけ購入し、「お世話になった人たちに味わってもらいたい」と話している。

関連記事

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...

十勝毎日新聞

畜大の酒発売 1時間で「20本」 藤丸【帯広】

 帯広畜産大学内の酒蔵「碧雲蔵(へきうんぐら)」で試験醸造された純米酒「十勝初仕込み」が完成し、30日から十勝管内の酒店などで販売が始まった。  碧雲蔵は全国初の大学内酒蔵。今春、上川大雪酒...

室蘭民報

台湾風唐揚げ人気 道の駅ウトナイ湖【苫小牧】

地震被害、食べて応援/厚真産「桜姫鶏」使用  苫小牧市植苗の道の駅ウトナイ湖で22日から、厚真町産の鶏肉「桜姫鶏」を使用した台湾風の手のひらサイズ唐揚げ「桜姫鶏炸鶏排(ザーチーパイ)」を新発売し...

十勝毎日新聞

今年も甘く肉厚…… 帯広メロン登場【帯広】

 「帯広メロン」の出荷が24日に、始まった。今年も糖度が高く、爽やかな甘味が特徴のメロンに生育した。帯広市内の量販店などの店頭に並ぶ。  帯広メロンの生産者は20年前は19戸程度だったが、現...