北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

白老アイヌ協会が開発し、観光客から人気を集める「コタンコロカムイサブレ」=観光インフォメーションセンター

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージした商品で、ウポポイ内の売店や駅北観光商業ゾーン(ポロトミンタラ)の観光インフォメーションセンターで扱っている。同協会は「カムイ伝説」シリーズとして3種の菓子販売を展開する。

 商品は、アイヌ民族が神とあがめるエゾシマフクロウをかたどった「コタンコロカムイサブレ」、バター使用の焼き菓子「ポロトラスク」、クルミやチョコレートをクッキーではさんだ「ニヌムサンドチョコ」の3種。苫小牧市のパン・菓子メーカー四季舎が製造を担い、「カムイ伝説」シリーズとして順次販売していく。

 第1弾として販売を開始した「コタンコロカムイサブレ」は、アイヌ民族のコタン(集落)をつかさどり、人間の暮らしを守る神とされたコタンコロカムイ(エゾシマフクロウ)をイメージした商品。税抜き価格は5枚入りで750円。今後、10枚入り(1400円)も追加する。濃紺の色調のパッケージにはアイヌ文様をデザインし、アイヌ文化を表現。文様は、町内のアイヌ文様刺しゅうサークルの作品を採用した。

 8月は第2弾として「ポロトラスク」を売り出す予定。白老のアイヌ文化伝承の地ポロト湖をイメージしたネーミングで、12枚入り600円、24枚入り1000円=いずれも税抜き価格=で販売する。パッケージは赤を基調とし、同じくアイヌ文様をデザインする。

 「カムイ伝説」シリーズ最終の「ニヌムサンドチョコ」は、アイヌ民族がニヌムと呼んだクルミを素材にした商品で、秋ごろに販売を始める予定。価格は今後決める。

 第1弾の「コタンコロカムイサブレ」は、7月12日のウポポイ開業後から本格的に販売を開始。観光インフォメーションセンターやウポポイを訪れる観光客から人気を集め、在庫が切れるほど飛ぶように売れる日もあるという。

 同協会は、アイヌ政策推進交付金活用の文化保存・伝承事業の位置付けで、アイヌ文化の価値を高める商品開発に取り組み、菓子の開発、販売にこぎ着けた。山丸理事長は「アイヌ民族が主食としたサケの薫製など今後も商品開発を進め、ウポポイ見学などで白老に来る観光客にアイヌ文化をアピールしたい」と言う。

関連記事

十勝毎日新聞

高級食パン 行列のオープン エイムカンパニー【帯広】

 エイムカンパニー(帯広、佐藤慎吾社長)が運営する高級食パン専門店「大地はドラムと優しい麦」が20日、帯広市西8南14にオープンした。初日は朝から多くの客が列をなし、開店を待ちわびる姿が見られた...

十勝毎日新聞

パンにも合う新チーズを 異業種で開発中【十勝】

 広内エゾリスの谷チーズ社(新得町、寺尾智也代表)を中心とする管内の異業種グループが、新たなチーズづくりに取り組んでいる。目指すのは「熟成や味わいがラクレットとモッツァレラの中間でパンにも合うチー...

苫小牧民報

「山線湖畔驛弁当」を発売 支笏湖温泉商店街6店舗

 千歳市の支笏湖温泉商店街の飲食店全6店舗が19日、王子軽便鉄道ミュージアム山線湖畔驛にちなんだ「山線湖畔驛弁当」を毎日数量限定で発売した。  今年1月に園地内にオープンした「山線湖畔驛」は新...

十勝毎日新聞

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会【帯広】

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

十勝毎日新聞

トテッポに十勝の花ケーキ 蜷川展コラボ【帯広】

 十勝トテッポ工房(帯広市西6南17)が販売している、十勝産食用花を使った新作のケーキ「ni-na(ニーナ)」が、連日売り切れになるなど好評だ。  ニーナは、19日から道立帯広美術館(帯広市...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス