北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

今年のテーマは海藻/函館朝市ミニ水族館リニューアル【函館】

海藻養殖水槽を紹介する阪口さん

 はこだて海の教室実行委(菅原雅仁会長)は、昨年7月に函館朝市内に設置したミニ水族館の水槽展示をリニューアルした。今年は函館近海で捕れる海藻をメインテーマに、ガゴメコンブやアオノリの養殖の様子が学べる専用水槽も展示している。展示水槽は全4基で、見学無料。

 日本財団(東京)の「海と日本プロジェクト」の一環。函館はコンブ生産量日本一だが、生きた海藻の姿を気軽に見られる場所はない。そこで、海藻の魅力や海の豊かさを広く伝えようと、海藻の展示に踏み切った。

 ガゴメは、はえ縄式と垂下式で養殖模型を展示しているほか、アオノリははえ縄式で養殖する状態が見られる。函館市志海苔町で撮影した養殖マコンブ漁の動画(2分間)も流し、8月中には天然マコンブ漁の動画も追加する予定。

 ほかの2基は海藻と魚が一緒に入り、海藻ではマコンブやアカバギンナンソウ、ヒジキなど13種類、魚ではクロソイやエゾメバル、アイナメなど10種類が観覧できる。砂地に生息するヒラメ、マコガレイを見られる水槽もある。

 事務局長の阪口あき子さんは「函館の海の素晴らしさを知ってほしい。夏休み中の子どもや観光客に楽しんでもらえれば」と話す。函館、北斗、七飯の全小学校にパンフレットを配り、ミニ水族館での展示や子ども向け体験講座をPRした。

 昨年は最大20種類の海水魚を4基に展示し、夏休みには多くの子どもでにぎわった。朝市の目玉として訪れた観光客に函館の海の豊かさを伝えることに貢献した。

 場所は、函館朝市えきに市場「活いか釣堀ひろば」。12月30日まで、時間は午前7時~午後2時。問い合わせは事務局(0138・86・7602)へ。

関連記事

苫小牧民報

深海魚「サケビクニン」繁殖成功 世界初の人工授精-登別マリンパークニクス

 登別市の水族館・登別マリンパークニクスは、北日本海域に生息する深海魚「サケビクニン」を人工授精で繁殖させることに成功した。人工繁殖の技術を使い、同種の卵をふ化させたのは世界で初めてという。登別...

苫小牧民報

6寺院を避難所に むかわ町と鵡川仏教会が災害協定

 むかわ町と町内鵡川地区の寺院でつくる「鵡川仏教会」は14日、災害時における施設利用に関する協定を結んだ。同日、静光寺(町松風)で締結式が行われ、竹中喜之町長と各寺院の関係者が協定書を交わした。 ...

日高報知新聞

オオワシの生態と価値【新ひだか】

【新ひだか】静内本町1の高田観光主催の「なぜ静内川にオオワシがくるのかその生態と価値を学ぶ」の講座は、15人が参加して座学が12日、観察会が13日に町内で開かれた。町体験・滞在型観光商品開発等支援事業。 ...

日高報知新聞

節婦で突風発生【新冠】

【新冠】14日午前8時前ごろ、町内節婦町で突風が発生し、倉庫が倒壊したり国道沿いのバス停待合室が道路の反対側まで吹き飛び全壊し、倉庫を中心に10棟ほどの被害があった。けが人などはなかった。  ...

十勝毎日新聞

コロナ収束炎に願う どんど焼き【帯広】

 帯広市内の帯廣神社(大野清徳宮司)で15日、「どんど焼き」(古神札焼納祭)が行われた。訪れた市民らが炎の中に正月飾りなどを投げ入れ、1年間の無病息災を祈った。  どんど焼きは、正月飾りなど...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス