北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

姉妹 故郷で晴れ着 記念撮影「夢のよう」【新得】

 中学校卒業まで町トムラウシで育った後藤南月さん(23)と百葉さん(20)姉妹が7月25日、百葉さんの成人式の前撮りに合わせ、ふるさとで振り袖姿の撮影に臨んだ。多くの人たちの協力で実現し、地域住民も晴れ姿を祝福した。2人は「一生に一度の記念日になった。夢のような一日だった」と喜びをかみしめた。

富村牛神社で撮影する(左から)南月さんと百葉さん

 南月さんは今春から母倍美さん(56)と共に、トムラウシの自然体験交流施設「山の交流館とむら」を切り盛りしている。百葉さんは昨年、帯広農業高校を卒業し、現在は音更の十勝川温泉第一ホテル調理課で働く。来春成人式を迎える百葉さんが前撮りを計画し、自身の成人式で振り袖を着る機会を逃した南月さんも一緒に撮影することにした。

 倍美さんは長年親交があり、帯広市内で出張理美容サービスVESSを経営する長岡行子さん(49)に相談。障害や経済的理由などで振り袖を着られない人の支援に取り組んできた長岡さんが快諾した。取り組みに賛同する同市内のフジタスタジオの藤田徹さん(34)らスタッフが、着付けやヘアメーク、撮影を引き受けた。

 当日は大人っぽい色合いの振り袖の南月さんに対し、初々しい華やかな装いに仕上がった百葉さん。互いに顔を見合わせ「自分でないみたい」とほほ笑んだ。

 遊び場にしていた富村牛神社では木漏れ日がスポットライトのように2人を照らし、「最高のロケーション」とシャッターを切る藤田さんがポーズを指示。交流館前では集まった地域住民も一緒に写真に納まった。参加した富村牛小2年の男児(7)は「いつものお姉ちゃんがいい」と照れ笑いしていた。

 倍美さんは「地域に育てられ、その場所で記念写真が撮れて感無量」と喜んだ。長岡さんは「これからもそれぞれの地域でがんばる人たちを応援したい」と話していた。

関連記事

函館新聞

スタッフは全員副業 ユニークな働き方のフルーツサンド持ち帰り専門店開店【..

 函館市と青森市で居酒屋「地元家」を展開する「ノースグリード」(稲場康祐社長)は6日、本町7にフルーツサンドの持ち帰り専門 店「ロクテンハチ」をオープンした。スタッフには副業で働く人だけを採用す...

函館新聞

道南全18市町で人口減、函館は減少数全国9位 総務省調査【函館】

 総務省が発表した今年1月1日時点の住民基本台帳に基づく人口動態調査で、道南18市町の日本人人口は42万1955人と前年から7216人減少した。特に函館市は前年比3747人減の25万4146人で...

日高報知新聞

高校生130人が浦河合宿

 合宿誘致を進めている浦河町に5日から2泊3日で、札幌市の北星学園大学附属高校の男子サッカー部と女子バドミントン部、女子テニス部員ら計約130人が合宿し、7日帰郷した。  男子サッカー部は西...

日高報知新聞

管内1位はえりも町 19年度のふるさと納税寄付額

 総務省が5日発表した2019年度のふるさと納税の寄付額は、全国で4875億4000万円(約2334万件)で、前年度の5127億1000万円(約2322万件)から金額で5%ほど減少した。北海道は前...

釧路新聞

「三元交配」の乳牛誕生【中標津】

   町養老牛の中澤牧場で、乳用牛のホルスタイン種にフランスから輸入したモンベリアード種を掛け交わせた子牛が誕生した。病気に強く飼いやすい牛を作り続ける「クロスブリーディング」という手法で、計根別...