北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

短い夏を楽しむ【様似】

【様似】新型コロナウイルス感染症の影響で夏休みを短縮した小中学校などは、1日から夏休みに入った所も多かった。青空が広がった1日、西町海岸の親子岩ふれ愛ビーチ海水浴場・キャンプ場には、週末とあって家族連れなどが大勢訪れ、子どもたちが波打ち際で海水浴を楽しんでいた。

 今夏は新型コロナの感染拡大で、全国的に海水浴場を閉鎖したところも多く、子どもたちの夏休み期間も短縮する異例の夏となっている。

 キャンプ場を併設する親子岩ふれ愛ビーチでも、テントが密集しないよう広く区割りをしている。町から委託を受け管理する監視員によると、例年一番混む、お盆前後の予約も多少余裕があるという。

 地元の様似小なども1日からが夏休みだが、ビーチ駐車場には札幌や帯広方面からの車が多く見られ、昼間の水温は21度前後とやや冷たかったが、家族連れなどが短い夏の日を楽しんでいた。

 今シーズンはビーチが今月23日、キャンプ場は9月6日まで開設する。

 海水浴場の利用は無料で、開設時間は毎日午前10時から午後4時まで。白旗が遊泳可能の目印。隣接のキャンプ場は利用料金はテント、キャンピングカーとも高校生以上1人1泊600円、中学生以下400円。テント1張300円。

 問い合わせは、親子岩ふれ愛ビーチセンターハウス(☎0146・36・5555)へ。

家族連れなどでにぎわう親子岩ふれ愛ビーチ

関連記事

十勝毎日新聞

小豆収穫 早めのスタート 8、9月の高温で成熟進む【十勝】

 豆の産地の十勝で、小豆の収穫が始まっている。今年は夏場の暑さの影響で登熟が進み、例年より生育が早い。生産者は安全に気を配りながら、コンバインで収穫を進めている。  管内は今年8月下旬から9月...

十勝毎日新聞

“業スー”開店【帯広】

 道東初となる食料品販売大手「業務スーパー」の帯広西5条店が30日午前9時、帯広市西5南18(旧ツルハドラッグ跡)にオープンした。自社工場で製造したプライベートブランド(PB)商品などを多数そろ...

十勝毎日新聞

帯広美術館 200万人突破 開館29年【帯広】

 道立帯広美術館(野崎弘幸館長)は30日午前、開館以来の累計の来場者数が200万人を突破した。節目の来場となった音更町の東海林加奈さん(35)に、記念品が贈られた。  1991年9月に道立5...

室蘭民報

コロナに負けず味守る 「ごぼうのパリパリ漬け」製造の木須夫妻【伊逹】

販路拡大、商品開発に力  伊達市観光物産館の大人気商品・小春ちゃんの漬物「ごぼうのパリパリ漬け」の製造を昨年引き継いだ木須陽平さん(38)と礼依佳さん(39)夫妻=市内山下町。新型コロナウイル...

室蘭民報

今年初めて開催 「夜の水族館」幻想的な空間【室蘭】

 室蘭市祝津町の市立室蘭水族館で26日、「夜の水族館」が今年初めて開かれ、多くの家族連れが、活発に動く夜行性の魚や観覧車からの夜景を楽しんだ。  例年は年4回程度行われている人気のイベント。今...