北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

東部ダイハツ、西脇選手支援【釧路】

 

握手を交わす西脇選手(右から2人目)と筧社長(左から2人目)

 釧路や標茶町などで主に軽自動車販売を手掛けている東部ダイハツ(筧陽介社長)が、アイスホッケーのひがし北海道クレインズ(田中茂樹代表)のチーム全体とFWの西脇雅仁選手(37)個人も支援するという新たな形のスポンサー契約を結んだ。期間は8月1日からの1年間で、西脇選手は今後、等身大パネルなどさまざまな媒体に登場して東部ダイハツをPRする役目を担う予定だ。

 東部ダイハツ道東グループの「軽自動車.com」釧路光陽店(釧路市光陽町21)に1日、筧社長と長瀬和也常務、ひがし北海道クレインズの佐藤博史ゼネラルマネージャーと西脇選手の4人が顔をそろえ、契約や活動に関して協議した。

 クレインズの選手個人のスポンサーは昨シーズンまで、10万円で選手のヘルメットに企業などのステッカーを貼る形が主流。今回の契約はシーズンを通して毎月一定の額を個人に支援し、選手は見返りとして企業の広報活動に協力する。同グループは昨シーズンも西脇選手の個人スポンサーになっており、初めてのケースで支援を強化する。

 佐藤GMは「今回はチームと個人を同時に支援してもらう契約で、初めての取り組み。今後この契約が増えることになればありがたい」と期待感を示した。筧社長も「西脇選手にはわが社のPRに一役買ってもらい、お互いに相乗効果が上げられれば…」とニッコリ。

 西脇選手は「今回のスポンサー契約はとてもありがたい。自分も試合でしっかりと良い結果が出せるように頑張りたい」とはつらつとした表情を見せていた。今後、西脇選手は同グループのPRポスターやチラシなどに登場する予定で、「等身大パネル」の製作も決まった。さらにフェイスブックやインスタグラムなどにも勇姿を見せる企画が検討されている。

関連記事

十勝毎日新聞

小豆収穫 早めのスタート 8、9月の高温で成熟進む【十勝】

 豆の産地の十勝で、小豆の収穫が始まっている。今年は夏場の暑さの影響で登熟が進み、例年より生育が早い。生産者は安全に気を配りながら、コンバインで収穫を進めている。  管内は今年8月下旬から9月...

十勝毎日新聞

“業スー”開店【帯広】

 道東初となる食料品販売大手「業務スーパー」の帯広西5条店が30日午前9時、帯広市西5南18(旧ツルハドラッグ跡)にオープンした。自社工場で製造したプライベートブランド(PB)商品などを多数そろ...

十勝毎日新聞

帯広美術館 200万人突破 開館29年【帯広】

 道立帯広美術館(野崎弘幸館長)は30日午前、開館以来の累計の来場者数が200万人を突破した。節目の来場となった音更町の東海林加奈さん(35)に、記念品が贈られた。  1991年9月に道立5...

室蘭民報

コロナに負けず味守る 「ごぼうのパリパリ漬け」製造の木須夫妻【伊逹】

販路拡大、商品開発に力  伊達市観光物産館の大人気商品・小春ちゃんの漬物「ごぼうのパリパリ漬け」の製造を昨年引き継いだ木須陽平さん(38)と礼依佳さん(39)夫妻=市内山下町。新型コロナウイル...

室蘭民報

今年初めて開催 「夜の水族館」幻想的な空間【室蘭】

 室蘭市祝津町の市立室蘭水族館で26日、「夜の水族館」が今年初めて開かれ、多くの家族連れが、活発に動く夜行性の魚や観覧車からの夜景を楽しんだ。  例年は年4回程度行われている人気のイベント。今...