北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

過去最低74トン 単価は最高828円 7月のスルメイカ【函館】

 函館市農林水産部がまとめた市水産物地方卸売市場での7月の生鮮スルメイカ取扱量は、前年を17トン下回る74トンだった。統計の残る2005年以降では、19年の91トンを下回り過去最低。主漁場は前浜(津軽海峡)に移ったものの、厳しい漁模様が続いている。

 同部によると、1キロ単価は前年を15円上回って828円と15年以降で最高。薄漁を反映した形だが、同部は「新型コロナウイルス禍がなければ、もっと高かった可能性もある」と指摘する。取扱金額は前年比18%減の6126万円。出漁回数は前年とほぼ変わらない26日だった。

 漁解禁から2カ月間(6、7月の合計)の取扱量は前年より12トン少ない121トン、単価は28円安い867円、金額は同12%減の1億487万円。

 国立研究開発法人水産研究・教育機構(横浜市)が発表したスルメイカの長期漁況予報によると、8~9月に太平洋を北上する群れの来遊量は、津軽海峡~道南太平洋で前年を上回り、魚体は前年並みとしている。また、日本海でも8~12月の来遊量は道南・津軽海峡では前年と近年平均(15~19年)を上回るとし「現在は魚体も小さく厳しいが、漁模様が好転しそうな予報が出ているので期待したい」(同部)との声がある。

関連記事

苫小牧民報

ウポポイ、修学旅行生の受け入れピーク 見学予約、道内外714校6万700..

 白老町のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)で、小中高校の修学旅行生の受け入れがピークを迎えている。施設を管理運営するアイヌ民族文化財団によると、今年度の修学旅行で見学予約を寄せた...

日高報知新聞

三石小に「巨峰」届ける【新ひだか】

【新ひだか】三石蓬栄の幌村建設(幌村司社長)は29日、三石小(野﨑充校長、児童155人)の全校児童に、同社に隣接するビニールハウスで育てたブドウの「巨峰」7箱を贈呈した。  幌村建設は道教委が進め...

日高報知新聞

「香り良くおいしい」【浦河】

 浦河町堺町東1のゲストハウス「MASAGO」で26日、浦河産冬イチゴ「かおり野」を使用したクラフトビール「イチゴ Milk Shake IPA」の試飲会が開かれた。  このビールは、札幌市の澄川...

十勝毎日新聞

小豆収穫 早めのスタート 8、9月の高温で成熟進む【十勝】

 豆の産地の十勝で、小豆の収穫が始まっている。今年は夏場の暑さの影響で登熟が進み、例年より生育が早い。生産者は安全に気を配りながら、コンバインで収穫を進めている。  管内は今年8月下旬から9月...

十勝毎日新聞

“業スー”開店【帯広】

 道東初となる食料品販売大手「業務スーパー」の帯広西5条店が30日午前9時、帯広市西5南18(旧ツルハドラッグ跡)にオープンした。自社工場で製造したプライベートブランド(PB)商品などを多数そろ...