北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

管内1位はえりも町 19年度のふるさと納税寄付額

 総務省が5日発表した2019年度のふるさと納税の寄付額は、全国で4875億4000万円(約2334万件)で、前年度の5127億1000万円(約2322万件)から金額で5%ほど減少した。北海道は前年度の503億5900万円(約317万件)から31・1%増の660億4700万円(約382万件)で過去最高額となり、全国1位だった。日高管内では、えりも町が前年度比3倍の8億9278万円(3万961件)と急増し、管内で過去最高額となった。

 過熱気味だった返礼品について、寄付額の3割以下、地場産品に限るなどの規制で、前年度からふるさと納税が減少する市町村もあった。

 ふるさと納税の寄付額トップ5位までに、道内の3市町が入った。トップは何かと話題となり、国との裁判にもなった大阪府泉佐野市の184億9700万円。次いで、宮崎県都城市の106億4500万円。

 3位から5位は道内3市町が占め、ホタテやカニ、イクラ、サケなどの海産物中心の返礼品が人気を集めた。3位は紋別市の77億3800万円、4位は釧路管内白糠町の67億3300万円、5位は根室市の65億8900万円。

 全国20位(鹿児島県・大崎町、28億4100万円)までに、道内から3市町以外のランクインはなく、道内的には、全道4位が渡島管内八雲町の24億5600万円、5位が稚内市の21億600万円。いずれも新鮮な魚が揚がる沿岸部の市町が占めている。

 日高管内は、えりも町以下、2位の浦河町が4億6518万円(2万8627件)、平取町1億6704万円(4791件)、日高町1億742万円(6766件)、様似町9271万円(5594件)、新ひだか町6697万円(2262件)、新冠町5239万円(2163件)。新冠町は前年度から2倍以上になり、残る5町は前年比で減少か前年並み。

 寄付額が急伸したえりも町は、返礼品の商品を紹介するポータルサイトを増やし、カニやイクラ、サケなどが人気を集めた。

 返礼品や諸経費を差し引いても4割程度が町の実収入になる大きな財源のため、同町を参考に、今年度はポータルサイトを増やした管内町が増えている。

関連記事

十勝毎日新聞

小豆収穫 早めのスタート 8、9月の高温で成熟進む【十勝】

 豆の産地の十勝で、小豆の収穫が始まっている。今年は夏場の暑さの影響で登熟が進み、例年より生育が早い。生産者は安全に気を配りながら、コンバインで収穫を進めている。  管内は今年8月下旬から9月...

十勝毎日新聞

“業スー”開店【帯広】

 道東初となる食料品販売大手「業務スーパー」の帯広西5条店が30日午前9時、帯広市西5南18(旧ツルハドラッグ跡)にオープンした。自社工場で製造したプライベートブランド(PB)商品などを多数そろ...

十勝毎日新聞

帯広美術館 200万人突破 開館29年【帯広】

 道立帯広美術館(野崎弘幸館長)は30日午前、開館以来の累計の来場者数が200万人を突破した。節目の来場となった音更町の東海林加奈さん(35)に、記念品が贈られた。  1991年9月に道立5...

室蘭民報

コロナに負けず味守る 「ごぼうのパリパリ漬け」製造の木須夫妻【伊逹】

販路拡大、商品開発に力  伊達市観光物産館の大人気商品・小春ちゃんの漬物「ごぼうのパリパリ漬け」の製造を昨年引き継いだ木須陽平さん(38)と礼依佳さん(39)夫妻=市内山下町。新型コロナウイル...

室蘭民報

今年初めて開催 「夜の水族館」幻想的な空間【室蘭】

 室蘭市祝津町の市立室蘭水族館で26日、「夜の水族館」が今年初めて開かれ、多くの家族連れが、活発に動く夜行性の魚や観覧車からの夜景を楽しんだ。  例年は年4回程度行われている人気のイベント。今...