北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

湊谷鈴さん絵本全国発売 市在住イラストレーター【帯広】

 帯広在住のイラストレーター湊谷鈴さん(23)=ペンネーム=が手掛けた絵本「むりつむり」が31日、三恵社(愛知)から全国発売される予定で、10日からインターネットのアマゾン予約が始まる。大人向けに制作されたが、子どもたちにも好評で、湊谷さんは「大変な時代だが、心の支えになってくれたら」と話している。

CFで好評を得た「むりつむり」が出版される湊谷さん。手にしているのは出版本の原型となったバージョン

 湊谷さんは今春、札幌大谷大学芸術学部美術学科グラフィックデザイン専攻を卒業。絵本は、引っ込み思案でキャベツが苦手な主人公の「むりつむり」が、食べれば勇気が出るという「勇気野菜」を頑張って口にする様子を描いた物語。「むり」が口癖ながら、ここぞというときに頑張りを見せようとするむりつむりの姿がユーモラスに描かれている。

 もともとは大学の卒業制作で、「大人向けの絵本」として作られた経緯があり、キャラクターもSNS(インターネット交流サイト)で投稿しているイラストが基になっている。「印刷業者の設定した期限ぎりぎりでの納品だった」と制作した当時を振り返る。

 完成した作品をネットで紹介したところ「欲しい」という声を受けたが、出版の負担が大きかったため、クラウドファンディング(CF)で費用を調達した。1回目のCF後にインターネットの動画サイトで絵本を使った朗読が配信されたことを受け注目が集まり、2回目も実施され、合わせて計150冊以上が出版された。

 2回目のCF時に出版社から声が掛かり、今回の発売に至った。「発売日も野菜にちなんだ8月31日(831=やさい)にしてもらった」と笑顔の湊谷さん。CF版は大人向けで、本文は漢字が使われていたが、「子どもも楽しめた」という声を受け、発売される分にはルビを振ったという。

 湊谷さんは「新しいことに勇気を出して飛び込めば、楽しめることがあるかもしれない、ということを表現したかった」と話している。

 価格は1500円(税別)。市内書店でも取り扱われる予定。

関連記事

苫小牧民報

ユニークな活動PR 小中学校で出前講座スタート-公営塾あびらぼ

 安平町で開講している公営塾「あびらぼ」のスタッフが9月30日、実際に行っている授業を町内の小中学校で紹介する活動に乗り出した。学校で出前講座を行うのは初めてで、皮切りとなった追分中学校では「ミ...

苫小牧民報

ゆかりの仏具を初公開 八王子千人同心隊長・原半左衛門胤敦が奉納

 苫小牧とゆかりの深い八王子千人同心の隊長、原半左衛門胤敦(たねあつ)が、江戸時代後期に白糠(現釧路管内白糠町)で奉納した仏具が、10日に開幕する苫小牧市美術博物館の企画展で初公開される。同館学...

日高報知新聞

交通事故死ゼロ1000日達成の新冠町へ感謝状【新冠】

【新冠】交通事故死ゼロ1000日を達成した新冠町に9月30日、町役場で日高振興局長から感謝状が贈られた。  2018年1月1日から今年9月26日までの1000日間、町内では交通事故死がなかった。...

日高報知新聞

第39回町民乗馬大会 町内乗馬愛好者が騎乗の腕前を競う

 浦河町西幌別の町乗馬公園で9月27日、第39回町民乗馬大会が開かれ、障害飛越やジムカーナなど7競技で町内乗馬愛好者らが騎乗の腕前を競った。  大会は町と町教委、JRA日高育成牧場、浦河乗馬クラ...

十勝毎日新聞

稲刈り 慣れたよ 途別小【幕別】

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童28人)で1日、学校水田の稲刈りが行われた。全校児童が黄金の稲を次々と刈り取り、収穫の楽しさを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ...