北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

新得地鶏 道内店でも コロナで低迷 応援【帯広】

 エー・ピーカンパニー(東京)が運営する「宮崎県日南市 塚田農場帯広店」(帯広市西2南11)は、新得地鶏を使ったメニューの提供を行っている。新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する新得産地鶏の応援が目的。今月から札幌の2店でも提供を開始した。

新得地鶏を使ったメニューを提供している塚田農場帯広店

 塚田農場は、みやざき地頭鶏(=じとっこ、宮崎県日南市)、黒さつま鶏(鹿児島県霧島市)、新得地鶏(新得町)を扱う3業態を全国で展開。現地に自社養鶏場を構え、流通コストを抑えることで、希少性の高い地鶏を手頃な価格帯で提供している。

 新得地鶏を提供する店舗(北海道シントク町 塚田農場)は首都圏で営業。道内店舗は主にみやざき地頭鶏を提供していた。

 帯広店で提供しているのは「北海道産シントク地鶏涙焼」(120グラム=880円、180グラム=1280円、240グラム=1680円)。炭火で焼いた地鶏に、道産の山ワサビをトッピングしている。6月下旬から、看板メニュー「みやざき地鶏炭火焼き」と2種セット(1760円)でも提供、地鶏の食べ比べを提案している。

 同社は自社養鶏場の「新得ファーム」(新得町屈足)で地鶏を育て、地元の組合に出荷。帯広店では、組合から鶏肉を仕入れている。新型コロナウイルスの感染拡大で外食需要が落ち込む中、異業態にまたがって消費拡大につなげようと、道内店舗でも提供することにした。

 青沼竜太店長は「道内観光客や地元客の来店が徐々に戻ってきている。歯切れがよく、さっぱりとした新得地鶏の特徴を伝えていきたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

高級食パン 行列のオープン エイムカンパニー【帯広】

 エイムカンパニー(帯広、佐藤慎吾社長)が運営する高級食パン専門店「大地はドラムと優しい麦」が20日、帯広市西8南14にオープンした。初日は朝から多くの客が列をなし、開店を待ちわびる姿が見られた...

十勝毎日新聞

パンにも合う新チーズを 異業種で開発中【十勝】

 広内エゾリスの谷チーズ社(新得町、寺尾智也代表)を中心とする管内の異業種グループが、新たなチーズづくりに取り組んでいる。目指すのは「熟成や味わいがラクレットとモッツァレラの中間でパンにも合うチー...

苫小牧民報

「山線湖畔驛弁当」を発売 支笏湖温泉商店街6店舗

 千歳市の支笏湖温泉商店街の飲食店全6店舗が19日、王子軽便鉄道ミュージアム山線湖畔驛にちなんだ「山線湖畔驛弁当」を毎日数量限定で発売した。  今年1月に園地内にオープンした「山線湖畔驛」は新...

十勝毎日新聞

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会【帯広】

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

十勝毎日新聞

トテッポに十勝の花ケーキ 蜷川展コラボ【帯広】

 十勝トテッポ工房(帯広市西6南17)が販売している、十勝産食用花を使った新作のケーキ「ni-na(ニーナ)」が、連日売り切れになるなど好評だ。  ニーナは、19日から道立帯広美術館(帯広市...