北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

癒やしの落書きアート 樽前アーティ・プラスが出張活動

藤沢さん(左)の「落書きアート」の様子を見詰める子どもたち

 苫小牧市樽前地区を拠点に活動するアーティスト集団「NPO法人樽前arty+」(アーティ・プラス、門馬羊次代表理事)は施設や店舗などの依頼を受け、窓や壁に絵を"落書き"する活動を展開中だ。新型コロナウイルスで暗くなりがちな気持ちをアート作品で少しでも癒やしてもらいたいと、6月下旬からスタート。制作方法を解説する自作の動画もインターネット上で公開し、「自宅でもアートを楽しんで」と働き掛けている。

 同法人が展開している落書きアートは、絵を描きたい場所に型紙を当て、その上から絵の具を塗って描くスタイル。札幌を拠点に活動する美術家、森迫暁夫さんが手掛けた原画を基に、小鳥や水鳥、草花や山などをかわいらしいフォルムで描いた型紙を自作。市内外からの依頼に応じ、同法人所属のアーティストが「出張落書き」を行っている。

 6月の取り組み開始からこれまでに、飲食店や施設など5カ所で活動を展開。4日には同法人所属で市内在住の金属彫刻家・藤沢レオさん(45)が、市内柳町の認定こども園幼稚舎あいかの直径約1メートルの円窓に水辺を泳ぐ鳥の親子やタンポポなどを描いた。

 新型コロナの影響で、各地の花火大会が中止となったことを残念に思っていた同園の三上順子園長のリクエストを受け、小鳥を花火のように配置した絵も登場。園児たちも窓の反対側から藤沢さんの手元をじっと見詰めたり、型紙の作り方を藤沢さんに質問したりと、身近なアート活動に興味津々の様子だった。

 同法人はさらに、新型コロナの感染予防のため自宅で過ごす時間が増えていることを受け、「落書きアート」の型紙や制作手順を収めた動画をホームページ上で公開中。映像を参考に実践した人から「楽しかった」という声が届いているという。

 同法人が「落書きアート」に取り組むきっかけとなったのは、今夏の「苫小牧アートフェスティバル2020」中止を知らせるため、6月に市美術博物館で行われた芸術活動。同フェスティバル実行委員会から協力依頼を受けた藤沢さんが、森迫さんら他のアーティストと一緒に、中止を告げるポスターの周りを飾るように同館1階の窓に絵を描いた。

 この絵が各所で評判になったことから、藤沢さんは「イベント中止というネガティブな出来事も、アートを通すことで少しだけでもポジティブに変わることが分かった」と手応えを感じ、現在の活動につなげたという。

 同法人は依頼があれば今後も出張落書きに応じる。藤沢さんは「少しでもほっとしてもらえるよう、落書きアートを町中に増やしていければ」と話している。

 問い合わせはアーティ・プラスのホームページ(https://tarumae.com/

関連記事

函館新聞

函館大ビジネス企画研究室の学生がシカわな猟免許取得【函館】

 ビジネスを通じた地域の課題解決を考える函館大学のサークル「ビジネス企画研究室」の学生3人が、エゾシカなど鳥獣のわなを使った猟に必要な「わな猟狩猟免許」を取得した。道内でのエゾシカによる農作物被...

函館新聞

ガゴメ促成養殖技術を確立 函館水試 新たな収入源へ【函館】

 道総研函館水試は、ガゴメコンブの促成養殖技術をほぼ確立した。促成養殖試験に取り組む函館市内4カ所のうち、日浦町での今季の結果で歩留まり率が良く、実に厚みもあって天然に引けを取らない品質を備えて...

室蘭民報

「毒まんじゅう」もう食べられない… 地球岬で売店32年のシナダ、来月末で閉店..

 地球岬名物「炎の毒まんじゅう」で知られる地球岬売店シナダ(母恋南町)が、10月末で店じまいすることになった。地球岬一の老舗で、全国にファンを広げていた。店主の品田徹さん(79)が年齢などを考慮...

室蘭民報

企業版ふるさと納税で77万円 イオン北海道寄付第1号に【苫小牧】

給食費助成事業に活用  苫小牧市への「企業版ふるさと納税」の第1号として、イオン北海道(本社札幌市、青栁英樹代表取締役社長)がこのほど、同市に77万5455円を寄付した。寄付金は今年10月に実施...

室蘭民報

赤い羽根、今年も周知 道南バス、白ばらクリーニング【室蘭】

共同募金委の依頼受け  10月1日から全国一斉にスタートする赤い羽根共同募金運動を前に、室蘭市共同募金委員会(長谷川清敏会長)は28日、市内2企業に啓発活動への協力を依頼した。PRポスターの掲...