北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

まちのシンボル住民票に 雪だるまデザイン無料交付31日まで-安平

期間限定で無料交付している雪だるま特別住民票

 安平町は11日から、町のシンボル「雪だるま」の特別住民票の無料交付をスタートした。今年は、雪だるまが夏のアクティビティーでもあるキャンプを楽しむというユニークなデザインとなっている。交付期間は31日まで。

 印刷されているのは、早来雪だるま郵便局の屋根にある雪だるまのモニュメント。雪だるまは2005年に特別住民として登録され、地域資源として町を全国にアピールするため、毎年8月限定で雪だるまが入った特別住民票を希望者に交付している。

 特別住民票はA4サイズで図柄やメッセージは毎年リニューアルしており、昨年は町の発展を支えた蒸気機関車(SL)と、昨春オープンした道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」の文字を組み合わせた。今回は、町が今年度導入した道具がなくても気軽にキャンプ場を訪れ、楽しむことができる「手ぶらキャンプ」をアピールし、雪だるまからのメッセージと発行ナンバーを掲載したオリジナルの住民票になっている。

 特別住民票は町役場総合庁舎(早来)の税務住民課、総合支所(追分)の住民サービス課で交付しているほか、郵送での交付申請も受け付ける。問い合わせは、町産業経済課 電話0145(22)2515。

関連記事

十勝毎日新聞

小豆収穫 早めのスタート 8、9月の高温で成熟進む【十勝】

 豆の産地の十勝で、小豆の収穫が始まっている。今年は夏場の暑さの影響で登熟が進み、例年より生育が早い。生産者は安全に気を配りながら、コンバインで収穫を進めている。  管内は今年8月下旬から9月...

十勝毎日新聞

“業スー”開店【帯広】

 道東初となる食料品販売大手「業務スーパー」の帯広西5条店が30日午前9時、帯広市西5南18(旧ツルハドラッグ跡)にオープンした。自社工場で製造したプライベートブランド(PB)商品などを多数そろ...

十勝毎日新聞

帯広美術館 200万人突破 開館29年【帯広】

 道立帯広美術館(野崎弘幸館長)は30日午前、開館以来の累計の来場者数が200万人を突破した。節目の来場となった音更町の東海林加奈さん(35)に、記念品が贈られた。  1991年9月に道立5...

室蘭民報

コロナに負けず味守る 「ごぼうのパリパリ漬け」製造の木須夫妻【伊逹】

販路拡大、商品開発に力  伊達市観光物産館の大人気商品・小春ちゃんの漬物「ごぼうのパリパリ漬け」の製造を昨年引き継いだ木須陽平さん(38)と礼依佳さん(39)夫妻=市内山下町。新型コロナウイル...

室蘭民報

今年初めて開催 「夜の水族館」幻想的な空間【室蘭】

 室蘭市祝津町の市立室蘭水族館で26日、「夜の水族館」が今年初めて開かれ、多くの家族連れが、活発に動く夜行性の魚や観覧車からの夜景を楽しんだ。  例年は年4回程度行われている人気のイベント。今...