北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

日米共同訓練始まる 空自千歳基地で28日まで5日間

ソーシャルディスタンスを確保しながら報道陣の取材に応じるマクブライヤー大佐(左)と諏訪企画部長=24日午前10時半ごろ、空自千歳基地

 米軍と航空自衛隊による日米共同訓練が24日、空自千歳基地で始まった。在日米軍の再編に伴う訓練移転の一環で、28日までの5日間実施する。24日は地元自治体向けのブリーフィング(説明)があり、米軍側は新型コロナウイルス流行下でも、「インド・太平洋地域の安定と平和のために必要な訓練」と強調した。

 米軍は沖縄県・嘉手納基地の第18航空団、空自は青森県・三沢基地の第35戦闘航空団からF15戦闘機6機、F16戦闘機6機程度が参加する。米軍側の参加者は約200人。千歳基地のF15戦闘機8機のほか、愛知県小牧基地などから輸送機が集まる予定だ。

 参加規模は、2018年4月の前回と同程度。北海道西方(積丹沖)と三沢東方(青森県沖)の両訓練空域で実弾を使わない戦闘訓練や地上での給油訓練を行う予定だ。  24日のブリーフィングには、苫小牧、千歳両市の自治体関係者14人が出席。ブリーフィング後の報道陣の取材に北海道防衛局の諏訪匡志企画部長は、自治体側から新型コロナ対策についての質問があったことに触れ「日米間の合意に基づいてしっかり対応していく」と述べた。

 米空軍第5空軍司令部運用および防衛部部長のブランドン・L・マクブライヤー大佐は「コロナの感染拡大は心配だが、米軍と空自の相互運用性を高めることは重要。(感染予防の)手順を守り安全を期してやっていく」と話した。

 この日は午前10時40分から同11時15分にかけて、自衛隊機と米軍機が千歳基地を離陸して戦闘訓練を開始。米軍のF16戦闘機の同基地飛来も予定されている。

 千歳基地での訓練は18年4月以来、10回目。苫小牧市は道防衛局に対し、市民の安全・安心のために万全の体制で訓練を行うことや新型コロナウイルスの感染拡大の防止策徹底などを要望している。

関連記事

十勝毎日新聞

町産高麗人参あめ 改良加えて再登場 観光物産館【陸別】

 町産の高麗人参を使った「しばれる町の高麗人参飴(あめ)」の販売が、道の駅オーロラタウン93りくべつ内の観光物産館で始まった。  薬用植物栽培研究事業を展開する陸別町が製造。昨年冬に初登場し...

十勝毎日新聞

中林 初の3位 「来年もメダル目指す」 トランポリン【十勝】

 トランポリンの川崎ジャパンオープン(昨年12月12、13日・神奈川県川崎市のとどろきアリーナ、川崎市スポーツ協会主催)のマスターズ部門30~39歳女子の部で、中林真由香(39)=十勝トランポ...

十勝毎日新聞

風にころころ「雪まくり」【十勝】

 士幌町や帯広市などの郊外の畑で17日、強い風によって、雪の塊が出来上がる「雪まくり」の現象が見られた。雪原一面に塊や、雪だるまを転がしたような跡が走り、自然が時折見せるいたずらを垣間見ること...

函館新聞

国際ソロプチミスト函館5クラブ合同交流会、親睦深める【函館】

 女性奉仕団体の国際ソロプチミスト函館(三上謡子会長)は16日、函館国際ホテルで5クラブ合同交流会を開いた。会員ら約60人が出席し、1年の活動を振り返りつつ親睦を深めた。  三上会長は新型コ...

函館新聞

函館市3日連続最多更新の30人、累計300人突破【函館】

 市立函館保健所は16日、函館市内で新たに30人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。日別の感染者数は3日連続で最多を更新し、感染者の累計は302人となり、300人を超えた。このうちの133...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス