北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

プレミアム商品券11月16日発売 総額24億円【帯広】

審査会の席上、事業概要などを説明した所実行委員長(右)

 帯広商工会議所や帯広市などが行う新型コロナウイルス関連の経済対策「おびひろプレミアム商品券」の事業概要が26日までに固まった。市内在住者限定で11月16日に販売を開始し、来年1月末までが使用期間。発行総額は24億円で、帯広の商品券事業としては最大規模となる。

 1000円券・12枚を1セット(冊)とし、1冊・1万円で販売する。プレミアム率は20%。20万冊分を販売する。第1弾は1人・10冊までの購入で、事前申し込み制とする。総数を上回った場合は、上限冊数を下げる。購入希望は10月中旬にネット、はがきで受け付ける。

 また、12月1日から第2弾の商品券を販売。市外在住者も購入でき、最低1000冊は用意する。第1弾で残った場合はその冊数も加える。

 参加店は市内に店舗を構えているのが条件。申し込みは9月15日から10月4日で、1000店以上の参加を見込む。9月にも専用ホームページを開設し、周知に努める。

 帯商、市、市商店街振興組合連合会、帯広観光社交組合、帯広観光コンベンション協会で実行委を8月13日に立ち上げ。26日には、事業の委託先として新生帯広支社など3社を決めた。

 帯広市のプレミアム商品券は2009年、15年(2回)に続き4回目。今回は市から約3億3500万円、道から2億円の補助を受けた。所紀夫実行委員長(帯商副会頭)は「コロナの影響が長期化する中、地域経済が少しでも上向くように進めたい」としている。

関連記事

苫小牧民報

深海魚「サケビクニン」繁殖成功 世界初の人工授精-登別マリンパークニクス

 登別市の水族館・登別マリンパークニクスは、北日本海域に生息する深海魚「サケビクニン」を人工授精で繁殖させることに成功した。人工繁殖の技術を使い、同種の卵をふ化させたのは世界で初めてという。登別...

苫小牧民報

6寺院を避難所に むかわ町と鵡川仏教会が災害協定

 むかわ町と町内鵡川地区の寺院でつくる「鵡川仏教会」は14日、災害時における施設利用に関する協定を結んだ。同日、静光寺(町松風)で締結式が行われ、竹中喜之町長と各寺院の関係者が協定書を交わした。 ...

日高報知新聞

オオワシの生態と価値【新ひだか】

【新ひだか】静内本町1の高田観光主催の「なぜ静内川にオオワシがくるのかその生態と価値を学ぶ」の講座は、15人が参加して座学が12日、観察会が13日に町内で開かれた。町体験・滞在型観光商品開発等支援事業。 ...

日高報知新聞

節婦で突風発生【新冠】

【新冠】14日午前8時前ごろ、町内節婦町で突風が発生し、倉庫が倒壊したり国道沿いのバス停待合室が道路の反対側まで吹き飛び全壊し、倉庫を中心に10棟ほどの被害があった。けが人などはなかった。  ...

十勝毎日新聞

コロナ収束炎に願う どんど焼き【帯広】

 帯広市内の帯廣神社(大野清徳宮司)で15日、「どんど焼き」(古神札焼納祭)が行われた。訪れた市民らが炎の中に正月飾りなどを投げ入れ、1年間の無病息災を祈った。  どんど焼きは、正月飾りなど...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス