北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

マスクお供に修学旅行 対策凝らし出発【帯広】

 新型コロナウイルスの収束が見えない中、帯広市の小中学校で延期していた修学旅行シーズンが始まった。各校は毎日の検温や移動中のマスク着用など、感染症対策を徹底。一方、コロナ禍で落ち込んでいる十勝川温泉(音更町)は、札幌圏などから修学旅行先として注目を受け、宿泊施設から歓迎の声が上がっている。

大空中では、食事は向かい合わないよう座り、食べる直前までマスクを着用した(同校提供)

 市内の中学校は4~5月に東京や東北、道内で予定していたが、感染拡大を受け秋に延期していた。多くの小学校でも10月末までに実施される。いずれも旅行先は道内中心で、函館や阿寒湖(釧路市)、旭川方面が多い。

 大空中学校(黒島俊一校長)の3年生51人は、市内トップを切り、今月20日から3泊4日の日程で留寿都・函館方面へ出発した。

 旅行会社の情報などを基に、管理対策マニュアルを作成し、「感染リスクを限りなく低減させた」と黒島校長。万が一、発熱など体調不良の生徒が出た場合は、最寄りの病院で診察を受け、保護者に迎えに来てもらうことの了承を得た上で実施した。

 旅行中は毎日朝と夜に検温して健康状態を把握。バスの移動中はマスクを着用し、クイズなどのレクリエーションは行わずDVDを上映した。ホテルでの食事は飛沫(ひまつ)感染を防ぐため、従来の対面形式をやめ、みんなで前を向いて食べるなどして会話を控えた。

 ホテルの部屋は定員以下の2~4人で利用。1人当たりの宿泊代は上がったが、国の観光支援策「Go To トラベル」キャンペーンなどの適用を受け、全体の金額は当初予定より下がる見込みという。

 引率した嘉藤麻里教諭は「熱中症対策に配慮しながらマスク着用を指導した。体調不良者も出ず、生徒たちは楽しかったと口々に言い、充実した旅行になった」と手応えを話す。

十勝川温泉受け入れ増

 一方、コロナ禍で稼働率が低下している十勝川温泉では、道教委が修学旅行先を道内にするよう求めたことから、札幌圏や釧路圏からの予約が増えている。

 今月下旬から10月まで毎週1~3校を受け入れるホテル大平原は「不安よりも、団体でお客さんが入ってくれてありがたい」と歓迎。7月にオープンした道の駅ガーデンスパ十勝川温泉でも、アイスクリーム作りなど体験学習への問い合わせや予約が相次いでいる。

 ただ温泉街のあるホテルでは、札幌や神奈川県の学校から予約があったが、感染拡大を受けてキャンセルになった事例もあり、各施設は感染状況を注視している。

関連記事

十勝毎日新聞

広尾高生スイーツ登場 セイコーマート【広尾】

 広尾高校3年の内山佳菜さん(18)と工藤唯さん(17)が考案したスイーツ「キュートなシロクマモンブラン」が26日、全道のセイコーマートで発売された。  商品は、シロクマの顔を表現したチーズ...

十勝毎日新聞

河村投手 ロッテ4位 ドラフト 白樺高出身初のプロに【北広島】

 プロ野球ドラフト会議が26日午後5時から東京都内で行われ、白樺学園高校OBで星槎道都大(北広島市)の身長192センチの大型右腕・河村説人(ときと)投手(4年)がパ・リーグの千葉ロッテマリーン...

十勝毎日新聞

VIP3棟新設 宿泊全て「高級」に 休暇村再整備【中札内】

 地方創生ベンチャー「そら」(帯広市)の米田健史社長は26日、グループ化した中札内農村休暇村フェーリエンドルフ(中札内村)の再整備計画案の一部を明らかにした。全44宿泊棟を現在のラグジュアリー...

釧路新聞

動物愛護、ラッピングバス計画【釧路】

  動物愛護団体「釧路肉球フレンズ」(東雲麻衣代表)は、インターネットで資金を集めるクラウドファンディング(CF)を活用し、道内初という動物愛護啓発ラッピングバスを運行するプロジェクトを、11月2...

函館新聞

伊藤投手 日ハム1位指名「新人王取りたい」【函館】

 【苫小牧、東京】プロ野球の新人選択会議(ドラフト会議)が26日、東京都内のホテルで開かれ、鹿部町出身の伊藤大海投手(23)=苫小牧駒澤大4年=が北海道日本ハムファイターズに1位で指名された。同...