北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

池田高生 まちづくりに意見 一般質問に町長答弁【池田】

一般質問を行う池田高校の生徒ら

 池田高校(古市俊章校長)の3年生8人(男子5人、女子3人)による町高校生議会定例会(町議会主催)が25日、町議会本会議場で開かれた。生徒らは、一般質問や意見書の審議などを通して地方自治への知識を深めた。

 高校生議会は年1回行われ、今回で7回目。選択科目で地方議会制度について学ぶ「政治経済」の授業を選んだ生徒が参加。一般質問では、路面に凹凸が多い旭通の歩道(通学路)の除雪方法について、勝井勝丸町長は「冬季までに凹凸をなくすように維持管理に努める。凹凸が発生した場合は土のうの敷設により安全な通行を確保する」とした。駒ひなこさんへの答弁。

 この他、スケートボードパーク建設について(山崎樹羅さん)、JR定期券の補助について(西村楽斗さん)、企業誘致の推進について(目黒悠真さん)、農村部のタクシーを活用した移動手段について(鴨川菜都美さん)、集える施設の整備について(笠井瞳さん)の一般質問に対し、勝井町長、加賀学教育長が答弁した。

 質問は事前に町に通告され、町議会と同様に丹羽泰彦議長が進行、町の各課長らも出席し、実際の議会と変わらない雰囲気で行った。また、「政治に関心を持てる教育を求める意見書」(永易友樹さんら3人連名)、「空き家対策を求める意見書」(上西巧人さんら3人連名)の意見書案2件を原案通り可決し、閉会した。

 将来は小学校教諭を目指している駒さん(18)は参加した生徒の中で唯一、再質問し、勝井町長から踏み込んだ答弁を引き出した。駒さんは「緊張したけど、自分の意見をしっかり聞いてもらった。(高校生議会に参加し)町政に興味を持つきっかけになった」と笑顔を見せた。

 また、意見書案を提出した永易さん(17)は「自分にとって高校生議会への参加は、思考力や人間力を高める有意義なものだった」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

広尾高生スイーツ登場 セイコーマート【広尾】

 広尾高校3年の内山佳菜さん(18)と工藤唯さん(17)が考案したスイーツ「キュートなシロクマモンブラン」が26日、全道のセイコーマートで発売された。  商品は、シロクマの顔を表現したチーズ...

十勝毎日新聞

河村投手 ロッテ4位 ドラフト 白樺高出身初のプロに【北広島】

 プロ野球ドラフト会議が26日午後5時から東京都内で行われ、白樺学園高校OBで星槎道都大(北広島市)の身長192センチの大型右腕・河村説人(ときと)投手(4年)がパ・リーグの千葉ロッテマリーン...

十勝毎日新聞

VIP3棟新設 宿泊全て「高級」に 休暇村再整備【中札内】

 地方創生ベンチャー「そら」(帯広市)の米田健史社長は26日、グループ化した中札内農村休暇村フェーリエンドルフ(中札内村)の再整備計画案の一部を明らかにした。全44宿泊棟を現在のラグジュアリー...

釧路新聞

動物愛護、ラッピングバス計画【釧路】

  動物愛護団体「釧路肉球フレンズ」(東雲麻衣代表)は、インターネットで資金を集めるクラウドファンディング(CF)を活用し、道内初という動物愛護啓発ラッピングバスを運行するプロジェクトを、11月2...

函館新聞

伊藤投手 日ハム1位指名「新人王取りたい」【函館】

 【苫小牧、東京】プロ野球の新人選択会議(ドラフト会議)が26日、東京都内のホテルで開かれ、鹿部町出身の伊藤大海投手(23)=苫小牧駒澤大4年=が北海道日本ハムファイターズに1位で指名された。同...