北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

サケ漁 初日6トン 前年割れ【大樹】

 十勝沿岸漁業の主力の秋サケ定置網漁が解禁され、大樹漁港で31日朝、管内の先陣を切って初水揚げされた。今季は2017年に次ぐ低水準の来遊数が予想されており、大樹の初日の漁獲量は昨年を下回る6トン台と静かな滑り出しとなった。9月1日以降、広尾、大津でも漁が本格化する予定で、関係者は今後の巻き返しを期待している。漁期は11月20日まで。

初水揚げされた秋サケ。初日の漁獲量は昨年を下回った(大樹漁港)

定置網解禁 価格4割高
 例年同様、大津、広尾、大樹の管内3漁協で計23カ統に定置網を設置する。大樹と大津は漁が解禁された30日朝に陸(おか)網を仕掛け、大津は9月1日に水揚げする。天候不順のため、広尾は31日午前現在、網入れを行っていない。

 5カ統の大樹漁協(神山久典組合長)はこの日、漁船5隻が雨が降る中、午前5時ごろに出港。網を上げて同6時すぎに帰港し、ぴちぴちと跳ねる銀色の魚体が次々と市場へ運び込まれた。

 初日の漁獲量は約6.6トンで昨年の7.1トンを下回った。1キロ当たりの価格は雌980~1000円、雄415~500円で昨年より3~4割ほど高値だった。

 十勝沿岸の秋サケ漁は17年から不漁が続いている。昨年の漁獲量は大津が前年比27%増となったが、総体的に低調で推移し、広尾、大樹では町が漁業者の支援に乗り出す事態となった。十勝を含む「えりも以東西部」の今季の秋サケ来遊予測は84万5000匹で、17年(54万9000匹)に次ぐ水準となっている。

 大樹漁協の伊藤浩二専務理事は「事前の来遊予測通り、初日の量は少なく、型も小さめだった。これから水温が下がり、昨年より大漁になることを期待したい」と話していた。

関連記事

根室新聞

地元出身学生応援「旨いをお届け隊」第2弾 発送開始【根室】

 根室市出身学生を応援するため「ねむろ水産物普及推進協議会」(愛称・まるごと根室)が20日まで募集していた「根室出身学生応援!ねむろの旨いをお届け隊!」の第2弾は、最終的に道内外から337件の...

苫小牧民報

植苗地区のIR候補地特定 自然環境対策、道が了承 インフラ整備は苫小牧市..

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す苫小牧市は25日までに、自然環境対策について道から一定の理解を得られたとして、市内植苗地区の約100ヘクタールを候補地に特定し誘致活動を進め...

日高報知新聞

播磨さんが総合優勝【浦河】

北海道釣魚連盟浦河支部北の釣会(三角浩之支部長)の今年最後となる11月例会が8日、会員14人が参加して浦河町浦河港~えりも町庶野展望台下間で行われ、庶野トセップ展望台下に入釣した播磨晃一さん(ラーメ...

日高報知新聞

3連休まずまずの人出【えりも】

【えりも】初冬3連休の襟裳岬は、まずまずの人出でにぎわった。中日の22日はあいにくの小雨模様だったが、正午ごろにはGoToトラベル利用の観光バス2台と乗用車30台ほどが駐車し、観光センターは食事や...

室蘭民報

順調に初出銑、「最適な生産体制構築」 日鉄室蘭第2高炉【室蘭】

 日本製鉄室蘭製鉄所(湊博之所長)で22日に稼働を再開した第2高炉は、23日午前11時に初出銑した。順調に稼働しており、同所は「需要動向に対応した最適な生産体制を構築していく」と話している。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス