北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

サケ漁 初日6トン 前年割れ【大樹】

 十勝沿岸漁業の主力の秋サケ定置網漁が解禁され、大樹漁港で31日朝、管内の先陣を切って初水揚げされた。今季は2017年に次ぐ低水準の来遊数が予想されており、大樹の初日の漁獲量は昨年を下回る6トン台と静かな滑り出しとなった。9月1日以降、広尾、大津でも漁が本格化する予定で、関係者は今後の巻き返しを期待している。漁期は11月20日まで。

初水揚げされた秋サケ。初日の漁獲量は昨年を下回った(大樹漁港)

定置網解禁 価格4割高
 例年同様、大津、広尾、大樹の管内3漁協で計23カ統に定置網を設置する。大樹と大津は漁が解禁された30日朝に陸(おか)網を仕掛け、大津は9月1日に水揚げする。天候不順のため、広尾は31日午前現在、網入れを行っていない。

 5カ統の大樹漁協(神山久典組合長)はこの日、漁船5隻が雨が降る中、午前5時ごろに出港。網を上げて同6時すぎに帰港し、ぴちぴちと跳ねる銀色の魚体が次々と市場へ運び込まれた。

 初日の漁獲量は約6.6トンで昨年の7.1トンを下回った。1キロ当たりの価格は雌980~1000円、雄415~500円で昨年より3~4割ほど高値だった。

 十勝沿岸の秋サケ漁は17年から不漁が続いている。昨年の漁獲量は大津が前年比27%増となったが、総体的に低調で推移し、広尾、大樹では町が漁業者の支援に乗り出す事態となった。十勝を含む「えりも以東西部」の今季の秋サケ来遊予測は84万5000匹で、17年(54万9000匹)に次ぐ水準となっている。

 大樹漁協の伊藤浩二専務理事は「事前の来遊予測通り、初日の量は少なく、型も小さめだった。これから水温が下がり、昨年より大漁になることを期待したい」と話していた。

関連記事

室蘭民報

緑丘高生が学習成果披露 「縄文ガイド」「防災安否札」取り組み報告、市民ガ..

 伊達市教委主催の2021年度(令和3年度)だて市民カレッジが、市内松ヶ枝町のだて歴史の杜カルチャーセンターで開かれ、伊達緑丘高校の生徒が総合的な学習の時間で学んだ成果を披露した。  本年度4...

室蘭民報

洪水や土砂災害、噴火への備えを 長和地区で宇井北大名誉教授、防災講演【伊..

 伊達市長和地区防災講演会が15日夜、長和地区コミュニティーセンターで開かれ、市防災アドバイザーで北海道大学名誉教授の宇井忠英さん(NPO環境防災総合政策研究機構理事)が洪水や土砂災害、津波、噴...

苫小牧民報

世界最高齢のプログラマーら講師に 30日に「熱中スクール」 学び続ける大切..

白老青年会議所(JC、笠井雄太郎理事長)は、30日に「熱中白老JCスクール」と題した講座イベントを白老町総合保健福祉センターで開く。世界最高齢のプログラマーや冒険家らを講師に招き、年齢に関係なく挑...

苫小牧民報

アイヌ丸木舟2隻がウポポイへ 1~2月に弁天の海岸で発見、年代測定や樹木..

苫小牧市弁天の海岸で今年1~2月に見つかったアイヌの丸木舟「イタオマチプ」(板つづり舟)2隻が20日、保管されていた勇武津資料館(勇払)から白老町の民族共生象徴空間(ウポポイ)にある国立アイヌ民族...

十勝毎日新聞

静岡の野澤さん金賞 ばん馬キャラ弁コンテスト【帯広】

 NPO法人とかち馬文化を支える会(帯広)は、「ばん馬キャラ弁コンテスト」の選考結果を発表した。金賞には静岡市の野澤未来さん(33)が選ばれ、彩りや栄養バランスなどが総合的に評価された。  ...