北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

市に寄せられた問い合わせ 半年間で 1100件以上 市民心理を反映

新型コロナウイルスの感染が苫小牧市内で初めて確認されてから半年が過ぎ、市にはこの間1100件以上の問い合わせが寄せられた。流行当初は感情的な苦情などが多く、個人情報のさらなる開示を求める声も殺到。時間がたつにつれてこうした声が減る一方、国や道、市の対策などへの意見、質問などが増えた。世情に合わせて市民の心理も変化していることが、問い合わせ件数の推移からもにじみ出ている。

 市危機管理室がまとめた、新型コロナ関連で同室が受けた苦情や相談などの問い合わせ状況。市内で初の感染が判明した2月22日から同25日までは夜間、休日に庁舎管理人が受けた電話もほぼコロナ関連とみられるが、内容の詳細を把握していないため、「未分類」として統計に入れた。3月4日以降は相談電話の専用ダイヤル、コールセンターが対応した。

 2~7月の半年間で問い合わせは1121件。コロナの流行が始まった2月は125件で、「未分類」が約50%の62件、感染者情報開示を求める声が36件と約29%を占めた。特に市内で初めて感染者が出た2月22日は土曜夜、岩倉博文市長が記者会見で発表以降、市民からの電話が鳴りやまず、同日だけで「未分類」は39件に達した。

 当初は「どこから感染者が出たのかもっと詳しく教えて」「市は情報を隠しているのでないか」などの声も多かったという。市は個人の人権を尊重しながら感染予防に必要な情報は出していることに理解を求めたが電話口で感情的になる人もおり、同室も「市民の方も最初は不安だったと思う」と分析する。

 問い合わせ件数は3月、4月と右肩上がりだったが、道の緊急事態宣言(2月28日)などを受け、「冷静に受け止めた方が増えていった印象」と説明する。市内での感染者判明も2月の5人に対し、3月、4月と1人ずつだったこともあり、情報開示は3月が約10%、4月は約4%にとどまった。

     ◇   ◇

 問い合わせ内容は国や道、市の対策、世相などが敏感に反映されている様子。マスクの品薄が続いた3月は「マスクはどこで買えるのか」などの質問が4分の1ほど。公共施設の休館や再開などに伴う問い合わせも4分の1弱を占めた。

 政府がコロナ対策の現金給付を決めた4月、当初は内容が定まらなかったこともあり、給付金関連のみで半数近くに上った。3、4両月は健康相談なども約3割。「コロナを防ぐにはどうしたらいいか」などの声も多かった。5月以降はコロナのまん延を示すように、市民も慣れか諦めかなどは不明だが、問い合わせ自体は減少傾向だ。

 一方で、7月末に市内企業が従業員の感染を公表すると、再び市民からさらなる情報開示を求める声が相次いだ。デマや誹謗(ひぼう)中傷もなくならず、同室は「コロナはどこでも、誰でもなる可能性がある。『誰がどこで感染した』と個人に向くのではなく、自分の身を守るため行動してほしい」と強調している。

 (コロナ検証班)

関連記事

日高報知新聞

電話は「鳴りっぱなし」【浦河】

 浦河町は6日朝、高齢者(65歳以上)の新型コロナワクチン接種の電話予約を開始した。午前9時からの受け付けで予約窓口の町保健センターの6回線の電話は鳴りっぱなしで、職員は対応に追われた。   町に...

日高報知新聞

課題山積、職員一丸で【新冠】

【新冠】4月20日告示の町長選挙で再選し、5月1日から任期がスタートした鳴海修司町長が6日初登庁し、職員に町政運営への思いを伝えた。任期は2025年4月30日まで。  午前8時半に登庁した鳴海町長は...

苫小牧民報

苫漁協のホッキ漁国際新認証を取得 世界基準で価値高める

苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は20年連続水揚げ日本一のホッキ漁で、水産エコラベルの国際認証「マリン・エコ・ラベル」(MEL)のバージョン2を取得した。同漁協が取得していた旧認証の終了に伴い...

苫小牧民報

地域おこし協力隊員 新たに男性2人 「白老のために」意欲

白老町の地域おこし協力隊員として新たに2人の若い男性が採用され、6日に町役場で委嘱状が交付された。  協力隊員になったのは、熊本市出身の安田裕太郎さん(26)=観光振興担当=と、札幌市出身の山﨑...

十勝毎日新聞

畑に点々 期待の緑 ビートの苗 移植ピーク【上士幌】

 砂糖の原料となるビートの苗の移植作業が、主産地の十勝管内でピークを迎えている。ビニールハウスで育てた苗は機械で次々と植え付けられ、畑の土色と苗の緑色が鮮やかなコントラストをなしている。  上...