北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

3700万円を私的流用 苫小牧歯科医師会前副会長 少なくとも7年間

苫小牧歯科医師会(阿部雅人会長、会員109人)の副会長を務め、今年1月に死亡した男性歯科医師(当時59歳)が、少なくとも7年間にわたって3700万円余りを私的流用していたことが分かった。昨年12月、会計に使途不明金が見つかり、内部調査を進めていた。同会は全額の弁済を前副会長の親族に求めており、返済が得られなければ訴訟に発展する可能性もある。

 同会の調査によると、流用されていたのは会員から徴収する会費や会の積立金など約3724万円。前副会長は1998年度から理事を務め、2002~05年度と08~12年度の2度にわたり会計を担当した。13年度から法人・機構改正担当に変わったが、担当を外れた後も実質的に1人で会計業務を続けていたという。17年度から副会長を兼任した。

 19年度に就任した阿部会長が財務状況を把握するため、前副会長に資料の提出を求めたところ、収支の一部が合わなかったり、領収証が不足したりしていることが判明。聴き取り調査を進める中、前副会長は今年1月28日、苫小牧市内の自院で起きた火災で死亡した。

 同会は税理士事務所に調査を依頼し、13年度以降の会計帳簿などを調べた結果、19年度までの7期合計で約3724万円の使途不明金が見つかった。それ以前の決算資料などは廃棄されており、実際の被害額はさらに多かった可能性もある。

 年度ごとに見ると、13年度が469万円、14年度312万円、15年度280万円。16年度の409万円以降は年々金額が膨らみ、直近の19年度は1040万円に上った。関係者は「18年9月の胆振東部地震で全国の関係団体から多額の見舞金を頂いたが、その使い道も不明な部分が多い」としている。不明金の使途について、前副会長は聴き取り調査にも口をつぐんでおり、流用の動機や詳細は分からなかったという。

 同会は弁護士や苫小牧署にも相談したが、前副会長が死亡していることから刑事告訴はせず、親族に弁済するよう求めている。同会はずさんな会計処理に長年気付かなかった体制にも問題があったことを認めており、阿部会長は「今年度から財務管理を外部の税理士に委託した。年1回の内部監査も3回に増やすなどチェック機能を強化し、再発防止に取り組む」としている。

関連記事

函館新聞

おでん、クリスマス列車楽しんで いさ鉄【函館】

 北海道オプショナルツアーズ(札幌)は、道南いさりび鉄道(函館、川越英雄社長)の観光列車「ながまれ海峡号」を使った「いさりびおでん列車」(11月20日)と「クリスマストレイン」(12月25日)を...

函館新聞

乾燥ニンニクいかが 北斗で販売中 ソーシャル・エイジェンシー【北斗】

 【北斗】野菜の有機栽培に取り組む「ソーシャル・エイジェンシー」(函館市富岡町1、榊清市社長)は、自社農場で育てた乾燥ニンニクを販売している。大人のこぶしよりひと回り大きいサイズで、素揚げや丸焼...

日高報知新聞

静内ロータリーへ【新ひだか】

【新ひだか】町は13日、姉妹都市交流事業の中の米国ケンタッキー州レキシントン市語学留学事業資金に300万円を寄付した静内ロータリークラブ(不動新作会長、会員64人)を善行表彰した。  6月26日に創立5...

日高報知新聞

襟裳岬緑化地帯で現地学習【えりも】

【えりも】道立北の森づくり専門学院(旭川市)の1年生35人が12日、襟裳岬国有林の緑化地帯を見学して緑化事業の取り組みを学んだ。  同学院は、林業技術者を養成する2年制の教育機関。学生が道内各地の特...

室蘭民報

アプリ開発イベント「ハッカソンキャンプ」 工学院生チーム優秀賞【登別】

学びの成果発揮  アプリ開発イベント「登別ハッカソンキャンプ」で、日本工学院北海道専門学校ITスペシャリスト科の学生を中心としたチームが優秀賞(1位)を獲得した。学びの成果を発揮した学生たちは、...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス