北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

3700万円を私的流用 苫小牧歯科医師会前副会長 少なくとも7年間

苫小牧歯科医師会(阿部雅人会長、会員109人)の副会長を務め、今年1月に死亡した男性歯科医師(当時59歳)が、少なくとも7年間にわたって3700万円余りを私的流用していたことが分かった。昨年12月、会計に使途不明金が見つかり、内部調査を進めていた。同会は全額の弁済を前副会長の親族に求めており、返済が得られなければ訴訟に発展する可能性もある。

 同会の調査によると、流用されていたのは会員から徴収する会費や会の積立金など約3724万円。前副会長は1998年度から理事を務め、2002~05年度と08~12年度の2度にわたり会計を担当した。13年度から法人・機構改正担当に変わったが、担当を外れた後も実質的に1人で会計業務を続けていたという。17年度から副会長を兼任した。

 19年度に就任した阿部会長が財務状況を把握するため、前副会長に資料の提出を求めたところ、収支の一部が合わなかったり、領収証が不足したりしていることが判明。聴き取り調査を進める中、前副会長は今年1月28日、苫小牧市内の自院で起きた火災で死亡した。

 同会は税理士事務所に調査を依頼し、13年度以降の会計帳簿などを調べた結果、19年度までの7期合計で約3724万円の使途不明金が見つかった。それ以前の決算資料などは廃棄されており、実際の被害額はさらに多かった可能性もある。

 年度ごとに見ると、13年度が469万円、14年度312万円、15年度280万円。16年度の409万円以降は年々金額が膨らみ、直近の19年度は1040万円に上った。関係者は「18年9月の胆振東部地震で全国の関係団体から多額の見舞金を頂いたが、その使い道も不明な部分が多い」としている。不明金の使途について、前副会長は聴き取り調査にも口をつぐんでおり、流用の動機や詳細は分からなかったという。

 同会は弁護士や苫小牧署にも相談したが、前副会長が死亡していることから刑事告訴はせず、親族に弁済するよう求めている。同会はずさんな会計処理に長年気付かなかった体制にも問題があったことを認めており、阿部会長は「今年度から財務管理を外部の税理士に委託した。年1回の内部監査も3回に増やすなどチェック機能を強化し、再発防止に取り組む」としている。

関連記事

釧路新聞

コロナ禍の暗い雰囲気一掃、ツリー点灯【中標津】

  町総合文化会館前しるべっと広場のイルミネーションされた。いまだ収束しない新型コロナウイルスにより町内にまん延する暗い雰囲気を一掃する輝きとして、町民の目を楽しませている。  このツリーは20...

苫小牧民報

日ハムドラ1 伊藤投手が仮契約 「プロの実感湧いている」 プロ野球

プロ野球北海道日本ハムファイターズのドラフト1位指名、伊藤大海投手(23)=苫小牧駒沢大野球部=は1日、苫小牧市内で同球団との入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高払い、年俸1500万円(いずれ...

苫小牧民報

発熱検査センター開設1カ月 積極的検査で抑え込み 1日平均17人

苫小牧市医師会(沖一郎会長)が新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、「苫小牧発熱検査センター」と「小児発熱検査センター」を開設してから2日で1カ月が過ぎた。発熱検査センターは1日当た...

苫小牧民報

日本管楽合奏コンテスト高校S部門で最優秀賞 鵡川高吹奏楽部「レベル高い演..

鵡川高校吹奏楽部が2020(第26回)日本管楽合奏コンテスト・高校S部門(3~15人編成)で最優秀賞に輝いた。3年生の鈴木楓香部長(17)は「すごくうれしい。1曲に全部を詰め込む勢いでやってきて、...

日高報知新聞

出汁の取り方と料理【新ひだか】

【新ひだか】町教委主催の「日高昆布のお出汁(だし)講座」が11月29日、20人が参加して町博物館多目的集会室で開かれ、コンブの最適な出汁の取り方を学んだ。  町博物館では、来年1月31日まで開催中の第6...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス