北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

遊び楽しみ環境学ぶ 発明研究会イベントに親子ら110人参加【苫小牧】

子どもたちがシャボン玉遊びや木工遊びなどを存分に楽しんだ「自然と遊ぼう!エコ遊び!」

 苫小牧発明研究会(園田政廣会長)主催の「自然と遊ぼう!エコ遊び!第13回ちびっ子環境サミットinとまこまい」が、苫小牧市樽前のオートリゾート苫小牧アルテンで開かれた。市内を中心に親子ら約110人が参加し、遊びを通して環境の大切さを学んだ。

 2008年(平成20年)7月の北海道洞爺湖サミット開催を機に、子どもたちとエコロジーについて楽しみながら一緒に考えようと毎年7月に開かれているイベント。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で日程を延期して実施した。

 会場では受け付けの際に体温を測定し、マスク着用や手指消毒を呼び掛けるなど感染防止対策を講じた。子どもたちは、イタドリの水鉄砲や割り箸を使ったゴム鉄砲づくりのほか、たこ揚げやシャボン玉遊びなどを通して、大自然の中で手作りの遊びを存分に楽しんでいた。

関連記事

名寄新聞

神秘的な絶景を楽しむ・森の生活「ムーンウオーク」【下川】

 満月に照らされた積雪の森林を歩く、NPO法人森の生活(麻生翼代表)主催「ムーンウオーク」が、今年も積雪シーズンの満月の日に五味温泉に隣接するエコハウス「美桑」前に集合、体験の森で開かれる。 ...

十勝毎日新聞

地元の食ずらり 道の商品券使用も 藤丸で大収穫市【帯広】

 「とかち大収穫市うまいもんまつり」が12日午前、藤丸7階催事場で始まった。道が発行する「プレミアム付どさんこ商品券」が十勝管内で使える初の機会とあって、多くの人が訪れた。17日まで。  藤...

十勝毎日新聞

動画で駅前ともそう コロナ禍・イルミネーション事業【帯広】

 冬の帯広中心部を電球の明かりで彩る「おびひろイルミネーションプロジェクト」が、28日~来年2月23日の予定で展開される。20回目の今年は初の試みとして、「コロナ禍を明るく乗り切ろう」をテーマにメ...

十勝毎日新聞

菊まつり 密避け楽しんで 規模縮小、人数制限や検温も【帯広】

 晩秋に彩りを添える「第51回おびひろ菊まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が31日、5日間の日程で帯広市内のとかちプラザで始まる。十勝では新型コロナウイルス禍で初めての大規模イベント。例年より...

十勝毎日新聞

黄金色 イチョウのライトアップ開始【音更】

 音更町のむつみアメニティパーク(木野西通13)沿いの木野北通で25日、イチョウ(銀杏)並木のライトアップが始まった。黄金色に色づいたイチョウの葉が照らされ、通りを歩く人の目を引いている。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス