北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

同人誌「わたすげ」28号発行【根室】

 根室・わたすげの会(飯倉定賢代表、会員数8人)は、年1回発行する同人誌「わたすげ」=写真=第28号を発行した。今号も創作、エッセイ、詩、川柳などのほか、特集「ふるさと再発見」で別所三夫さんが根室の古い歴史を知ることができる「根室市街地発達史圖鑑」(若松忠之助著)を解説する貴重な資料も盛り込まれた。

 創作4作品、散文詩、童話ともに1作品、エッセイ3作品をはじめ、特集に2作品、詩3作品、5人による川柳、俳句1作品。このうち俳句「君は花」は、藤沢幸子さんが花や星、風、光といった自然にまつわる言葉を使って、新型コロナウイルスで命を落とした人々へ哀悼の意を表した作品だ。

 創作は岬千鶴さんの「雨の峠」、エッセイは石橋一彰さんの「モウちゃんのつぶやき」シリーズその九、詩は室谷ます子さんの「私のふるさと」など。このほか特集「ふるさと再発見」で飯倉代表は「吾が故郷はさかの街」と題し、坂を上って登校するのが日課だった幼少期を振り返り、根室の特徴的な地形にまつわる思い出をつづっている。

 一方、同特集の「ネムロ漫歩」は別所さんが「根室市街地発達史圖鑑」の地図を使って根室で起こった出来事を整理する内容で、寛政4年の会所ラクスマン引見や商店の開業などを挿図の地図番号に沿って解説。別所さんは「人の記憶は次第にあいまいとなり、埋もれてしまうかもしれない」と記し、先人が紡いできた根室の発展の様子を紹介している。

 同誌は各会員の取り扱いのほか、市内昭和町のコーチャンフォーグループ根室店で販売している。1部1100円。

関連記事

函館新聞

色柄、素材さまざま/初のハンドメイドマスクマーケット【函館】

 地元のハンドメイド作家やクラフト作家によるマスクとマスクアイテムの展示即売会「ハンドメイドマスクマーケット」が28日、函館蔦屋書店で始まった。手作りの布マスクをはじめ、マスク用のホルダーやピア...

函館新聞

平日夜に大人向け企画を開始・はこだてみらい館【函館】

 函館市の公益施設、はこだてみらい館(函館市若松町、キラリス函館3階)は、平日夜を中心に大人向けの講座などを開く取り組み「#オトナみらい館」を開始した。  同館は縦2・4メートル、横14・4...

日高報知新聞

故・畠山周子さんに町文化功労賞【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の美術講師と美術部技術指導顧問として、1997年(平成9年)4月から今年8月まで23年間の長きにわたり勤め、8月29日に急逝した故・畠山周子さん(享年71歳)に26日、町教...

日高報知新聞

町議会がコロナの影響調査【新ひだか】

【新ひだか】町議会厚生経済常任委員会(城地民義委員長)は26、27の両日、町内5産業団体を対象に所管事務調査を実施し、「新型コロナウイルス感染症による町内産業への影響について」、影響や課題、今後の対応...

苫小牧民報

秋サケ記録的不漁 最低年下回るペース-胆振海区

 苫小牧沿岸を含む胆振海区の秋サケ定置網漁が記録的な不漁に陥っている。20日現在の漁獲数は63万2364匹で、前年同期に比べて1割以上減り、年間では統計史上最低だった2017年度をも下回るペース...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス