北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

しんかーずのテークアウト専門店 周辺住民から人気【帯広】

 栄養管理配食サービスなどを手掛ける「しんかーず」(帯広、油谷慶一社長)が帯広市西9南41に開いたテークアウト専門店「SasanQua(さざんか)」が、周辺企業や住民の人気を集めている。店を構える稲田・清流地区は、イトーヨーカドーなど商業施設の南側に行くと飲食店が少ないとされる地域。そうした中で和食・洋食・中華のそれぞれ約10種類の本格メニューを提供し、支持を得ているという。

ランチや夕食の時間帯になると、続々と客が訪れる「さざんか」

 さざんかは就労継続支援B型事業所「えーる」がリネン作業などを行っている建物の一部を活用し、6月末に開設した。新型コロナウイルスの感染拡大以前は同事業所の利用者が軽作業などを行っていたが、コロナ禍で仕事が全く無くなる状況に。このため「思い切ってテークアウト専門店に挑戦することにした」(油谷裕子取締役)。

 共働きなどで忙しくしている若いお母さんたちをターゲットに想定。和・洋・中でそれぞれホテルレストランなどで働いた経験のある調理師を採用し、「お客さんに、味も価格も満足してもらえる店をつくった」(同)という。

 営業時間は午前11時~午後8時。注文を受けて調理するため、料理が温かいうちに家に持ち帰ることができる。価格はオムライス400円、特製ビーフシチュー弁当980円など。おかずのみの注文も可能だ。

 オープン以降、周辺の企業や住民を中心に1日に100人以上の顧客が訪れている。仕事帰りに店を訪れた40代女性は「職場がランチに利用しており、おいしいと評判。自宅でも食べたくなって、夕食を買いに来た」と話した。問い合わせは同店(0155・67・8333)へ。

人気の特製ビーフシチュー弁当

関連記事

十勝毎日新聞

高級食パン 行列のオープン エイムカンパニー【帯広】

 エイムカンパニー(帯広、佐藤慎吾社長)が運営する高級食パン専門店「大地はドラムと優しい麦」が20日、帯広市西8南14にオープンした。初日は朝から多くの客が列をなし、開店を待ちわびる姿が見られた...

十勝毎日新聞

パンにも合う新チーズを 異業種で開発中【十勝】

 広内エゾリスの谷チーズ社(新得町、寺尾智也代表)を中心とする管内の異業種グループが、新たなチーズづくりに取り組んでいる。目指すのは「熟成や味わいがラクレットとモッツァレラの中間でパンにも合うチー...

苫小牧民報

「山線湖畔驛弁当」を発売 支笏湖温泉商店街6店舗

 千歳市の支笏湖温泉商店街の飲食店全6店舗が19日、王子軽便鉄道ミュージアム山線湖畔驛にちなんだ「山線湖畔驛弁当」を毎日数量限定で発売した。  今年1月に園地内にオープンした「山線湖畔驛」は新...

十勝毎日新聞

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会【帯広】

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

十勝毎日新聞

トテッポに十勝の花ケーキ 蜷川展コラボ【帯広】

 十勝トテッポ工房(帯広市西6南17)が販売している、十勝産食用花を使った新作のケーキ「ni-na(ニーナ)」が、連日売り切れになるなど好評だ。  ニーナは、19日から道立帯広美術館(帯広市...