北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

アイヌ文化「担い手養成講座」スタート 刺しゅう技術、次世代に【白老】

5日から始まったアイヌ文化を取り入れた手工芸担い手養成講座

 白老町のアイヌ文化を取り入れた手工芸担い手養成講座が5日、町総合保健福祉センターで開講した。10月まで、アイヌ文様の刺しゅう技術などを学ぶ。

 今回の講座には町内外から延べ50人(午前・午後の両部)が受講。午前の部の開講式では、町の冨川英孝経済振興課長が「アイヌ文化に触れる入り口として、一針一針にアイヌ文化へ思いをはせながら取り組んでほしい。皆さんが文化を広げてください」とあいさつ。続いて刺しゅう初級講座が行われ、型紙のアイヌ文様を布に写す作業などに取り組んだ。

 講座は刺しゅう初級、上級・編み方の2コース。岡田育子さん、河岸麗子さんが講師を務める。全4回。10月10日には修了式が行われる。下半期にも同様のコースを開講する予定。

 また、2020年度(令和2年度)は、過去の受講生100人を対象にした商品開発事業促進業務(グッズ製作など)もスタート、同講座と連動した事業展開とする。

 同講座は国の地方創生推進交付金を活用、3年目の取り組み。

関連記事

室蘭民報

障がい者ら、ペダル軽やか タンデム自転車体験会【室蘭】

 室蘭身体障害者福祉協会(政田一美代表理事)など3団体共催のタンデム自転車(2人乗り用)体験会が27日、室蘭市入江運動公園陸上競技場で開かれ、身体障害者や視覚障害者らがペダルをこいで、風を感じて...

室蘭民報

作品募集を開始、撮りフェスin室蘭 来月末まで受け付け【室蘭】

 室蘭を舞台にした写真コンテスト「撮りフェスin室蘭」の実行委員会は24日、作品の募集を開始した。期間内の10月末まで応募できる。  例年は24時間滞在型で行われていたが、参加者の密集を避けるた...

十勝毎日新聞

全国からバスマニア 3社横断の乗り比べツアー【十勝】

 北海道拓殖バス(音更)、十勝バス(帯広)、士幌交通(士幌)の3社は20日、各社の珍しい車両などを披露する「バスの日を楽しむ乗り比べツアー」を開催した。全国からバスマニアが詰め掛け、型式の古い...

十勝毎日新聞

蜷川実花展 あふれる色 世界観に圧倒【帯広】

 道立帯広美術館で19日に開幕した写真展「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」。会場には初日から多くの市民やファンが訪れ、蜷川さんの、色彩豊かで独特の世界観に浸っている。  同展は六つの章立てで構成...

十勝毎日新聞

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会【帯広】

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...