北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

白老牛のルーツ追う「牛をめぐる冒険」 白老町の森で映像作品を上映

「牛をめぐる冒険」会場の仙人の森に立つ羊屋白玉さん(右)と、除疫神・牛頭天王の仮面を着けた深澤孝史さん

 東京を拠点に国内外で活動する劇作家・演出家の羊屋白玉さんが11日から3日間、白老町の森で「牛をめぐる冒険」と題したアートプログラムを展開する。飛生芸術祭2020(飛生アートコミュニティー主催)の関連イベントで、札幌市在住の美術家深澤孝史さんとタッグを組み、白老牛のルーツを追い掛けた過程の映像作品を上映する。白老町で幼少期を過ごした羊屋さんが同町を舞台に活動するのは3年目で、今後も芸術文化を通じて地域社会の今を見詰める活動を模索する。

 劇団「指輪ホテル」の芸術監督を務める羊屋さんは街や森、劇場などさまざまな場を舞台に演劇を創作し、国内外で上演している。2014年から17年にかけては東京都などによる東京文化発信プロジェクトの一環で、「東京スープとブランケット紀行」と題したアートプロジェクトを展開。過渡期の社会から失われていく事象に立ち合う「東京のみとり」をテーマに作品を制作するなど、日本の演劇界で異彩を放つ社会派の劇作家、演出家として知られる。米国週刊誌ニューズウィーク日本版で「世界が認めた日本人女性100人」にも選ばれている。

 18年からは白老町の飛生芸術祭に参加し、社会の問題を意識したプログラムを展開。廃業した大町商店街の旅館を舞台に、人と人のつながりを表現するキノコのアート作品展示を企画したほか、昨年はスーパーなど日常生活で利用する町内各所で米作り、性教育、憲法など各種テーマの講座を繰り広げ、町民の生涯学習や社会参加を促す社会実験にも挑んだ。

 白老での活動3年目を迎えた今年は、国内各地の芸術祭などでアートプロジェクトに携わる深澤さんと組み、「牛をめぐる冒険」と題したプロジェクトを企画。1954年に島根県から白老へ黒毛和牛が導入され、白老牛の生産が始まった歴史を探るため、町を駆け巡り、さまざまな関係者と出会う行程などを記録した映像作品を制作した。白老牛のルーツを追い掛ける中で、疫病に関するアイヌ民族の伝説に出くわし、疫病をめぐって日本神話も調べるなど「調査が思いも寄らない方向へ進んでいった」(羊屋さん)という過程も取り入れた。

 上映場所は白老町白老823の「仙人の森」で、白老牛の生産推進に関わった元町職員堀尾博義さん(84)の所有地。100年先の子供たちに里山を残す―という目的で、堀尾さんが1998年から森づくりを進めている場で作品を公開し、森の散策ツアーも行う。プログラム期間中の参加定員は既に埋まり、羊屋さんと深澤さんらが本番に向けた準備を進めている。

 父親の転勤で幼稚園時代を白老町で過ごした羊屋さんは「町の原風景と記憶は私にとって宝物。この白老で何ができるかをこれからも考えたい」と言う。

関連記事

函館新聞

函館大ビジネス企画研究室の学生がシカわな猟免許取得【函館】

 ビジネスを通じた地域の課題解決を考える函館大学のサークル「ビジネス企画研究室」の学生3人が、エゾシカなど鳥獣のわなを使った猟に必要な「わな猟狩猟免許」を取得した。道内でのエゾシカによる農作物被...

函館新聞

ガゴメ促成養殖技術を確立 函館水試 新たな収入源へ【函館】

 道総研函館水試は、ガゴメコンブの促成養殖技術をほぼ確立した。促成養殖試験に取り組む函館市内4カ所のうち、日浦町での今季の結果で歩留まり率が良く、実に厚みもあって天然に引けを取らない品質を備えて...

室蘭民報

「毒まんじゅう」もう食べられない… 地球岬で売店32年のシナダ、来月末で閉店..

 地球岬名物「炎の毒まんじゅう」で知られる地球岬売店シナダ(母恋南町)が、10月末で店じまいすることになった。地球岬一の老舗で、全国にファンを広げていた。店主の品田徹さん(79)が年齢などを考慮...

室蘭民報

企業版ふるさと納税で77万円 イオン北海道寄付第1号に【苫小牧】

給食費助成事業に活用  苫小牧市への「企業版ふるさと納税」の第1号として、イオン北海道(本社札幌市、青栁英樹代表取締役社長)がこのほど、同市に77万5455円を寄付した。寄付金は今年10月に実施...

室蘭民報

赤い羽根、今年も周知 道南バス、白ばらクリーニング【室蘭】

共同募金委の依頼受け  10月1日から全国一斉にスタートする赤い羽根共同募金運動を前に、室蘭市共同募金委員会(長谷川清敏会長)は28日、市内2企業に啓発活動への協力を依頼した。PRポスターの掲...