北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

RORO船が苫小牧港に試験寄港 貨物定期航路化目指す-釜石市など企画

苫小牧港・西港勇払埠頭に着岸した玄武。道内企業向け線材などの積み荷を降ろした

 岩手県内の企業の貨物を積んだRORO船(フェリー型貨物船)が9日、苫小牧港・西港勇払埠頭(ふとう)に着岸した。同県釜石市と釜石港湾振興協議会が中心となって企画した試験寄港で、道内企業とも連携して亜鉛メッキ線材や紙製品などを運んだ。同港では国際コンテナ貨物の取扱量が年々増加しており、関係者は東日本大震災以降、途絶えたままになっている国内海上輸送の主流を担うRORO船の定期便復活も目指す。

 釜石市は高速道路の釜石道や三陸道の結節点にある地理的優位性を生かした経済活性化へ、大型のトレーラーなどをそのまま積んで輸送できるRORO船の定期航路開設による釜石港の利用促進を展望している。

 9日、プリンス海運(神戸市)のRORO船「玄武」(7971トン)は勇払埠頭で、岩手県内の企業5社の貨物を積んだシャシー6台を降ろした。試験寄港には苫小牧の港湾物流企業、ナラサキスタックスも協力した。

 釜石港で1日に同船の姉妹船「デイブレイクスベル」(同)が空のシャシー4台を陸揚げ。同県内で集荷後、8日に玄武への積み出しを行ったという。

 同市国際港湾産業課の中平貴之課長補佐は「今回は試験寄港だが、いずれRORO船定期航路の開設、ハブ(拠点)ポート化につなげたい」と話す。

 同港には2011年3月の東日本大震災前、4日置きにRORO船が寄港していたが、震災で港湾施設が損傷し定期便は途絶えた。復旧作業を進め、同年7月に国際フィーダーコンテナ定期航路、17年に外貿コンテナ定期航路を開設。コンテナ取扱量は19年に20フィートコンテナ換算で9292個と震災前(10年)の114個から80倍以上に増えている。

 定期航路化に向けた最大の課題は集荷体制の構築。自動車産業を中心に県内の立地企業は貨物の運搬に仙台港などを利用するケースが多く、同市は輸送コストや二酸化炭素(CO2)削減など利点をアピールしていく。

関連記事

函館新聞

函館大ビジネス企画研究室の学生がシカわな猟免許取得【函館】

 ビジネスを通じた地域の課題解決を考える函館大学のサークル「ビジネス企画研究室」の学生3人が、エゾシカなど鳥獣のわなを使った猟に必要な「わな猟狩猟免許」を取得した。道内でのエゾシカによる農作物被...

函館新聞

ガゴメ促成養殖技術を確立 函館水試 新たな収入源へ【函館】

 道総研函館水試は、ガゴメコンブの促成養殖技術をほぼ確立した。促成養殖試験に取り組む函館市内4カ所のうち、日浦町での今季の結果で歩留まり率が良く、実に厚みもあって天然に引けを取らない品質を備えて...

室蘭民報

「毒まんじゅう」もう食べられない… 地球岬で売店32年のシナダ、来月末で閉店..

 地球岬名物「炎の毒まんじゅう」で知られる地球岬売店シナダ(母恋南町)が、10月末で店じまいすることになった。地球岬一の老舗で、全国にファンを広げていた。店主の品田徹さん(79)が年齢などを考慮...

室蘭民報

企業版ふるさと納税で77万円 イオン北海道寄付第1号に【苫小牧】

給食費助成事業に活用  苫小牧市への「企業版ふるさと納税」の第1号として、イオン北海道(本社札幌市、青栁英樹代表取締役社長)がこのほど、同市に77万5455円を寄付した。寄付金は今年10月に実施...

室蘭民報

赤い羽根、今年も周知 道南バス、白ばらクリーニング【室蘭】

共同募金委の依頼受け  10月1日から全国一斉にスタートする赤い羽根共同募金運動を前に、室蘭市共同募金委員会(長谷川清敏会長)は28日、市内2企業に啓発活動への協力を依頼した。PRポスターの掲...