北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

蹴散らせコロナ 10月10日「大食い王」【幕別】

ポスターを手に参加を呼び掛ける生徒会役員。左から三浦厚生常任委員長、上田優奈書記、休場あずみ文化常任委員長

 目指せ、大食い王-。新型コロナウイルス禍でイベント中止が相次ぐ中、NPO幕別札内スポーツクラブと幕別清陵高校生徒会が、幕別町産のナガイモを使ったお好み焼きによる「大食い王決定戦」を企画した。10月10日、幕別町内の札内スポーツセンターを会場に開かれ、今月20日まで参加者(一組3人まで)を募っている。

 同クラブと同校は授業や部活動で連携している。コロナ禍で「まくべつ産業まつり」などの恒例イベントが中止となり、双方が「町内で何かイベントをできれば」と考えた。帯広市出身で、野外音楽祭など食と音楽のイベントを手掛けたことがある長岡まどかさん(旭川市在住)の協力を得て、“幕別の食”にスポットを当てた「大食い王決定戦」に決めた。

 当日は、主催者側がお好み焼きの生地(500グラム)を用意し、15分の制限時間内に参加者がホットプレートで焼きながら食べた量を競う。ナガイモはJA幕別町から無償提供を受ける。午前11時半に受け付けを開始し、1回戦は午後0時半から。参加費は大人1000円、高校生以下500円。

 感染防止対策として大食い会場を分散させ、アルコール消毒や換気などを徹底する。

 9日には生徒会役員3人が同スポーツセンターで長岡さんとリモートで打ち合わせに臨み、詳細を詰めた。生徒会厚生常任委員長の三浦れんさん(2年)は「コロナの中でも幕別町の人を少しでも元気づけられるよう企画・運営を頑張ります」と張り切る。同クラブの小田新紀クラブマネジャーは「生徒たちの思いを実現できるイベントになれば」と期待する。

 会場の外では物産展も同時開催し、出店者を募っている(町内出店者無料、町外出店者300円)。問い合わせは同スポーツセンター(0155・56・4803)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

黄金色 イチョウのライトアップ開始【音更】

 音更町のむつみアメニティパーク(木野西通13)沿いの木野北通で25日、イチョウ(銀杏)並木のライトアップが始まった。黄金色に色づいたイチョウの葉が照らされ、通りを歩く人の目を引いている。 ...

十勝毎日新聞

今年は来店ラリー方式 「マルシェ」好調【十勝】

 十勝管内の飲食店などを巡る「とかちマルシェ」(9月19日~10月末)が最終盤を迎えた。割引チケットやスタンプラリーの効果もあり、飲食店の利用促進や地域を越えた回遊につながっていると評価されている...

室蘭民報

RFLセルフウォークリレー、24日開始「多くの参加を」 RFL実行委【室蘭】

歩数が募金、支援訴え  がんに負けない社会づくりを目指したチャリティー活動「リレー・フォー・ライフ・ジャパン(RFL)」。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国各地域での開催が中止される中、2...

室蘭民報

土器の破片「あったよ」、模擬体験発掘通し親子で縄文文化学ぶ 北黄金貝塚情..

 伊達市主催の第2回だてっ子遊び・学びの教室が18日、北黄金貝塚情報センターで開かれ、児童たちが遺跡の模擬体験発掘を通じて縄文時代の生活や文化に触れた。  市の青少年教育事業で、小学生の親子約...

十勝毎日新聞

コロナ禍 ジャズで元気に 15日コンサート【帯広】

 「ティータイムコンサート Vol.2 ~ワンコインで楽しむ午後のひととき~」(帯広市文化スポーツ振興財団、市教委主催)が、15日午後2時から帯広市民文化ホール・小ホールで開かれる。新型コロナ...