北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

写真館、そば店転身【帯広】

 創業98年の老舗写真館「中島写真館」(帯広市西23南3)が8月、そば店「KABUTO(カブト)」に生まれ変わった。少子化や結婚式の縮小などの影響で、中心業務のブライダル関連の受注が減少する中、3代目の中島一晃代表(57)が事業の在り方を見直した。現在はスタジオを持たない出張カメラマンとして撮影依頼に応じ、カメラとそばの“二足のわらじ”で屋号を守っている。

写真館から生まれ変わったそば店「KABUTO」を開業した中島代表(左)と妻の奈緒美さん

 中島写真館は1922(大正11)年、中島代表の祖父・十四一(としいち)さんが創業した。市内のホテルで婚礼写真を担当し、長年学校や家族写真にも対応してきた。ただ、少子化や家族婚の浸透、カメラのデジタル化などの影響で主力の業務は年々減少していった。10年ほど前から事業転換を考え昨年、そば店の開業を決断した。製麺学校に通うなどしてそばに関する知識を学び、開店にこぎ着けた。

 看板メニューは、冷たいそばと温かいだしを組み合わせたピリ辛の肉つけそば「KABUTO」(930円)や「とりごぼうセイロ」(980円)。製粉方法の異なる田舎そばと更科(さらしな)そば2種類を用意し、来店客の好みで選択できるようにした。丼物のメニューも提供する予定で、順次品数を増やしていく考えだ。

 椅子やテーブルが並ぶ現在の店内は、これまでスタジオとして使われていた。数多くの夫婦の門出を祝福してきたチャペルはそのままに、当時の着付け室や事務所が調理場へと姿を変えた。

数々の夫婦のウエディング写真を撮影してきたスタジオを改修した店内

 スタジオ撮影をやめた2月以降は、依頼に応じ出張撮影を行っている。「100年の節目を迎えるまでは、カメラも続けていきたい。カフェのように1人でも気軽に立ち寄れる店を目指してて、夫婦で長くやっていきたい」(中島代表)と新たな目標に向かっている。

 午前11時~午後3時。火曜定休。

関連記事

函館新聞

函館大ビジネス企画研究室の学生がシカわな猟免許取得【函館】

 ビジネスを通じた地域の課題解決を考える函館大学のサークル「ビジネス企画研究室」の学生3人が、エゾシカなど鳥獣のわなを使った猟に必要な「わな猟狩猟免許」を取得した。道内でのエゾシカによる農作物被...

函館新聞

ガゴメ促成養殖技術を確立 函館水試 新たな収入源へ【函館】

 道総研函館水試は、ガゴメコンブの促成養殖技術をほぼ確立した。促成養殖試験に取り組む函館市内4カ所のうち、日浦町での今季の結果で歩留まり率が良く、実に厚みもあって天然に引けを取らない品質を備えて...

室蘭民報

「毒まんじゅう」もう食べられない… 地球岬で売店32年のシナダ、来月末で閉店..

 地球岬名物「炎の毒まんじゅう」で知られる地球岬売店シナダ(母恋南町)が、10月末で店じまいすることになった。地球岬一の老舗で、全国にファンを広げていた。店主の品田徹さん(79)が年齢などを考慮...

室蘭民報

企業版ふるさと納税で77万円 イオン北海道寄付第1号に【苫小牧】

給食費助成事業に活用  苫小牧市への「企業版ふるさと納税」の第1号として、イオン北海道(本社札幌市、青栁英樹代表取締役社長)がこのほど、同市に77万5455円を寄付した。寄付金は今年10月に実施...

室蘭民報

赤い羽根、今年も周知 道南バス、白ばらクリーニング【室蘭】

共同募金委の依頼受け  10月1日から全国一斉にスタートする赤い羽根共同募金運動を前に、室蘭市共同募金委員会(長谷川清敏会長)は28日、市内2企業に啓発活動への協力を依頼した。PRポスターの掲...